FXコラム

手法というのは、トレードをするためではないことを知っていますか?

投稿日:

手法について勘違いしている人が多いと思うので
先日さらっとTwitterでつぶやいたことについて詳しく書いていきます。

これは僕も勘違いしていたことなのですが
手法、手法って求めている人が多いので、ズバリ言います!

 

手法というのはチャートの状況をありのままに見る方法です!!

 

■手法≠トレードで利益を上げられるもの

手法≠トレードで利益を上げられるもの

多くの人は手法=トレードで利益を上げられるものだと間違えて解釈してしまっています。

だから手法、手法と次々に追い求めてしまう。。。。

このサイトでも手法を教えて下さいというメールが来ますが
手法って今書いてあることですよ、といっても納得してくれません。
むしろ不満を抱いてしまいます。

でも僕もそうであったように、手法はチャートをありのままにみることであり(某映画のようですが)
手法が利益を生むのではなく、手法によってチャートをありのままにみたときに
現在の価格がどちらの方向に動く確率が高いかを見分けることができるから利益を生むのです。

だからチャートを何の偏見ももたずに、そのままを見ていく方法や能力を高めていくのが
本当の手法というものであって、決してインディケーターのパラメーターなどではありません。

チャートには各国の経済状況やそれにまつわる感情、意図的に動かそう(無理ですが)という思惑が
事前に必ずチャートには現れます。(突発的な状況以外)

それをちゃんと読み取れる力を身につけていくのが、このサイトの手法です。
だからチャートの読み取り方を更新していますし、カテゴリーでも分けています。
1つだけでも有益ではありますが、全てを組み合わせていくことで初めてチャートのありのままの
本当の姿を見ることができるようになるのです。

 

■インディケーターは使うもの、使われるのではない

インディケーターは使うもの、使われるのではない

本来、インディケーターは必要ではありませんが、なぜ使っているかというと
ストキャスティクスは、チャートでは分からないミクロの部分を見るために使っていて
それが偶然にも下位足のトレンドを上手く反映していることが多いことが分かったので使っているだけです。

今の時間足と下位足のトレンドが一致していれば、それだけそのトレンドに沿って値が動くので
トレードがしやすくなることは言うまでもありません。

また、最近、新たに加えたのが、遅行線の13期間前(MT4では12期間前)。
これはストキャスティクスの13期間にも一致するようにしています。
理由はストキャスティクスの計算式にあり、計算の方法をチャートに当ててみるとわかります。
(このことを詳細に書いたものを執筆中ですが、これは今進みかけている、あることで配布します)

遅行線は本来、ある期間前にポジションを持った(と仮定している)人が、
利益になっているか損失になっているかを見やすくしているだけですし、本当にそうなのかは定かではありません。

この使い方はここでは書きませんが、ヒントとして書くと、ストキャスティクスの期間と比べてみると
面白いことが分かります。もちろんこれだけでは何の役にも立ちません。

13期間前(26期間前)のローソク足の位置と今の価格(プライス)の位置関係を
毎回数えていると間違う可能性が高くなるので、遅行線の存在は便利です。

本来インディケーターというのはこういう風に、自分に取って便利なように使っていくもので
インディケーターに使われる(数値設定に迷う、どれを使えばいいか悩む)のは本末転倒です。

元々なくてもいいものだから、自分と上手く付き合うことを前提にして使うことが
本当の使い方だと、僕は思います。

 

■まとめ

手法はたくさんあり、トレードの種類によっても変わってきます。

ですが、1つだけ言いたいのは、どの期間にあってもやり方が変わらないのが
本当の手法であり、それだけが何年たっても永久に使えるものだということ。

時期によって使えなくなったり、環境によって使えなくなるものは
全てがまがいものです。

相場の本質、値動きの本質はシンプルであり、そこに気づけば上がるか下がるしかない
値動きの方向を5割の確率から8割、9割に上げることは可能です。

そのためにはチャートをありのままにみる、本当の手法を身につけるべきなのです。

 


WEB、スマホで更新情報をプッシュ通知で受け取る→

スマホへは「Push7」アプリをダウンロード後に、ROSE FXの購読ページから購読してください。


■手法と戦略レポート2種類プレゼント中! ■

現在【186名】がタイアップキャンペーンに申し込み中です!

ROSE FX手法と戦略の立て方レポートを特典でプレゼントしています。このレポートを学びながら本サイトの内容を実践していくことで自分が望む目標が手に入りやすくなります。

1,000通貨から取引できるデューカスコピー・ジャパンで長期的な視点に立った資産運用、 また節税対策(外付け手数料の経費計上)をしていきましょう。 メイン口座にしている理由

キャンペーン概要はこのバナー(画像)をクリック!↓ デューカスコピー・ジャパン

※上の画像か青文字部分をクリックするとタイアップキャンペーンページへ移動します。
 必ず当サイトのバナー画像や文字リンクからキャンペーンページへ入り、
 口座開設されてください。それ以外は無効になります。

デューカスコピー・ジャパンのスペック表
チャートシステム JForex (ECN取引)
ワンクリック取引可
トレール注文可
リアルタイムニュース受取可
ポイント&フィギュア表示可
かぎ足チャート表示可
ティックチャート(ティック数変更可)
180以上のインディケーター
レバレッジ 個人:25倍
法人:通貨ペア毎・為替リスク想定比率により変動(2/27より)
通貨ペア数 48通貨ペア
最低取引単位 1,000通貨〜
スプレッド
(変動制)
2/4~10
ドル円 0.2~0.8
豪ドル円 0.7~1.5
ユーロ円 0.2~1.0
ポンド円 1.1~2.9
ユーロドル 0.1~0.5
ポンドドル 0.6~1.7
外付け手数料
(ディスカウント方式)
10~35円
手数料20%キャッシュバックあり
高金利通貨ペア
買いスワップ
南アフリカランド円 17円
トルコリラ円 85円
クイック入金 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
ゆうちょ銀行
ジャパンネット銀行
住信SBIネット銀行
楽天銀行
その他  板情報あり
BID注文/OFFER注文
自動売買注文
HPの情報ツール豊富

デューカスコピー・ジャパン株式会社 記事一覧
口座開設手順
JForex・トレード本音レビュー
SWFXを徹底解説!
手数料20%キャッシュバック
JForexをROSE FX仕様にしよう!~ログインからチャート分割まで~
JForexをROSE FX仕様にしよう!~インディケーター設定とワークスペース保存まで~
JForexの注文方法 ~成行注文、逆指値注文、トレール注文~
JForexのプライスボード・OHLC情報の編集
デューカスコピージャパンの情報ツールの使い方
RCI3本を表示させる方法
70ティックチャートの表示方法
新JForex使用感レポート①
新JForex使用感レポート②
新JForex使用感レポート③

 

■戦略記事をリアルタイムで受け取る方法■
<ブログ更新のメール通知&メールマガジン購読(無料)> 
現在【896名】購読しています


※もし登録できないようでしたら「お問い合わせ」にメールアドレスを記載して送信してください。
こちらでメールアドレスを登録します。
※ 「rosefx.pw」のドメインを受信できる設定にしてください。docomo、ezweb、hotmailの方は届いていないことを確認しています。
登録できない旨を返信したいですが、全て戻ってきてしまい、返信できないのでご了承ください。
※ここ数日、Gmailを利用してメルマガ受信されている方は、迷惑メールフォルダに入ってしまっていることが多くなっています。
もしメルマガが届いていない場合は、「迷惑メールフォルダ」または「すべてのメール」を探してみてください。よろしくお願い致します。

デューカスコピー・ジャパン

 

-FXコラム
-, , , ,

Copyright© ROSE FX , 2017 AllRights Reserved.