タイアップ デューカスコピー・ジャパン株式会社

JForex3レポート③ 〜チャート画面〜 10/25追記

更新日:

JForex3に関して2記事書いてきましたが
今回のチャート部分が重要な部分であり、読者も知りたいことではないでしょうか。

新JForex デューカスコピー・ジャパン
新しくなったJForexは見やすさと使い勝手が抜群に向上!新機能・改良点レポート① 〜JForex3表示画面〜

現在提供されているJForexが見やすさと使い勝手が良くなり 12月5日にJForex3がとうとうローンチされました! 今回から複数回に分けてトレーダー目線でJForex3をレポートしていきます。 タ ...

続きを見る

新規注文パネル 通常注文パネルの色選択
新しくなったJForex3は見やすさと使い勝手が抜群に向上!新機能・改良点レポート② 〜左パネル〜

12月5日にライブ口座でも使えるようになったJForex3を 使ってみた方はいかがでしたでしょうか?日本人の感覚に合っている画面であり 操作性などは日本のFX会社のシステムより格段に使いやすかったと思 ...

続きを見る

結論から言ってしまうとチャート部分は大きい変化はありません。
ないのですが、かゆいところにようやく手が届いた!というトレーダー心を
くすぐる変更点が素晴らしくて、ますますJForexに引き付けられます。

そんな新JForex(JForex3)を早く試してみたいと思わせるような
5つの改善点を見ていきましょう。

 

チャートテーマ設定

1つ目はチャートテーマの変更点です。

JForexでチャートテーマといえばチャート画面全体の配色です。
配色によってはストレスを感じてしまい、トレードに悪影響を及ぼすことがあります。

カラフルな配色は分析の精度を下げることや、画面背景の反射は強くなると集中力をなくします。
投資は分析が全てと言って過言ではないため自分が落ち着く配色にするか
FX会社が提供するデフォルトの配色を使えば問題は起きません。

 

JForex3 チャート表示緑赤

 

JForex3では現在のものと変更なく、赤四角のアイコンで設定できます。
最初のデフォルトでは上図のような配色になっています。

配色を変更するにはテーマ表示されている左上の白枠部分の下矢印の部分を選択すると
一覧が表示されるので、全てのパターンを試して好みの色を探します。

新JForex(JForex3)では上図のパターンと下図の5つのパターンがあります。

JForex3 チャート表示青黒

JForex3 チャート表示青黒白

JForex3 チャート表示青白黒

JForex3 チャート表示緑赤灰

JForex3 カスタム設定ROSE FXオリジナル

 

チャートテンプレート個別設定

チャートの設定仕方は現在のJForexと変わりませんが
下図のように以前と表示が少し変わっています。

JForex3 チャートテーマ設定

変更したいものを選択して色を変えるとリアルタイムで変わるので
好みの色にアレンジしてください。上図の状態はローソク足以外は選択したテーマの状態です。

上図では「Custom theme」で色設定を行っていますが
全てのチャートテーマでも変更可能です。

 

35種類のインディケーターが追加!

現在のJForexもインディケーターはたくさんありますが、
JForex3ではさらに35種類も追加されています。

最初にこのことを聞いた時に、ただでさえマニアックなインディケーターが多いのに
さらに追加してどうなるのだろうか・・・と思いました。
(海外の人の考え方ワカラナイ・・)

一応インディケーターは全てチャートに表示させてみましたが
インディケーターを多用するタイプではないので、どう使っていいのかわかりません。
計算式などが公開されたら別記事で詳しく書きたいと思います。
(追加されたインディケーターの種類も合わせて)

 

インディケーター選択時のリアルタイム表示

JForex3 インディケーター選択

赤枠のインディケーター追加アイコンをクリックし、「インディケーターを追加」を選択。

 

JForex3 ストキャスティクス選択

インディケーター一覧が表示されます。
今回は使い慣れているストキャスティクスを選択しました。

現在のJForexはこの選択時ではチャートに表示されませんでしたが
新JForex(JForex3)ではインディケーターを選択するごとに表示してくれます。
また、数値変更してもリアルタイムで変化していきます。

インディケーターは計算式や計算式をチャートに当てはめて考えないといけないので
むやみにインディケーターを追加するのはお勧めできません。

計算式や内容を見て追加できそうだと思えるなら追加してみてもいいかもしれません。

 

マルチタイムカスタム機能が追加!  2016/10/25追記

今回の新バージョンから1時間足に4時間足の同じインディケーターを表示させたり
30分足に日足の同じインディケーターを表示させるようなマルチタイムカスタム機能が
新しく追加されました。しかも簡単にキレイに表示できます!

論より証拠ということで表示方法を書きます。

sto1h

今回はストキャスティクスを例にして1つ上の4時間足のストキャスティクスを表示させてみます。

1つのオシレーターの中に同時表示できるインディケーターもありますが
ストキャスティクスは同時表示(ストキャスティクスの中にストキャスティクス)ができないので
別枠でもう一度立ち上げます。

(移動平均線やボリンジャーバンドなどは同時表示できますので、
RSIに移動平均線やボリンジャーバンドを表示させることができます。
また、こちらもマルチタイムカスタム機能が使えるので下記を参考にして表示させて下さい)

 

sto4h

ストキャスティクスをもう1つ追加し、編集画面を出します。

アドバンスド」タブを選択すると上画像のようになるので
カスタムデータから計算」にチェックを入れて、「期間」を選択します。
今回は4時間足のストキャスティクスを表示させたいので4時間足を選択。

選択したら「OK」をクリックします。
以上で1時間足のチャートに4時間足のストキャスティクスの表示が完成です。

たったこれだけなのですごく簡単です!

ストキャスティクスなどのオシレーターだけでなく、
ローソク足上に表示させるインディケーターもマルチタイムカスタム機能で
キレイに表示させることができます。

 

chi14

1時間足の遅行線(赤)、4時間足の遅行線(青)も表示させることができます。
メタトレーダーのようにカクカクしたラインにならないところが良いです。

 

ichimoku

1時間足に4時間足の一目均衡表も簡単に追加できます。

4時間足の一目均衡表だけでなく、日足や週足の一目均衡表も表示することができます。
こんなに簡単に綺麗に表示できるなんて、ますます新JForexを使いたくなりますね!
まだデモ口座でしか使えないですが、近々ライブ口座でも使用可能になるとのことなので
今のうちに使い方に慣れておき、すぐに使ってトレードできるようにライブ口座も準備しておきましょう!

ライブ口座開設はこちらから→デューカスコピー・ジャパン

 

デューカスコピー・ジャパン

 

線画ツール、フィボナッチツールのライン設定が自動記憶される!

JForexのチャートを使ったことがある人は若干しんどいと思っていたライン設定。
今まではラインの役割を見分けるために設定を毎回変えなくてはいけませんでした。
1本だけ引くならそうでもありませんが、5本、10本となるとしんどいです。

新JForex(JForex3)ではとうとうこの問題に終止符を打ちました!!

線画ツール

JForex3 線画ツール

赤枠の線画ツールをクリックし、使いたい線画ツールを選択。

 

JForex3 線画ツール自動記憶

選択したラインをクリックして選択し、右クリックで上図のオプション画面が出るので
各項目を選択、もしくは右矢印があるものはカーソルを置くと上図のように複数出てきます。

今回は折れ線を選択し、色をオレンジに設定。線の幅も太くしました。
今後は折れ線ラインの設定を変えるまでは同じ状態で毎回引くことができます。

 

フィボナッチツール

JForex3 フィボナッチリトレイスメント選択

フィボナッチツールも線画ツールと同じように設定が記憶されます。

フィボナッチツールはROSE FXの分析では必須ツールの一つなので
線画ツールのように記憶されるのは嬉しいですね。

 

JForex3 フィボナッチリトレイスメント設定

しかも現在のJForexよりも文字が少し大きくなったのか
見やすくなっているのは気のせいでしょうか?

なんにせよ分析ツールがこのように使いやすくなるのはとても良いこと。
僕がJForexのチャートを使っていく中で使いにくいことを、
取締役とのインタビューがあるときに伝えたことが反映されました。

おそらく世界中のJForexトレーダーも同じようなことを思っていて
改善点が多かったポイントでしょうが、ユーザーの意見を柔軟に取り入れていくことができるのも
JForexのシステムが自社開発であり、本社にシステムエンジニアを雇用しているためです。

日本の取引システムは外部委託であったり、メタトレーダーやカリネックスなど
海外のシステムを使っているので、FX会社が独自に自社開発しているものはありません。
自社開発しているからユーザーの意見を反映しやすく、改善頻度も多くなるので
よりトレーダーが操作しやすくなり、ストレスなく取引できるため取引結果にも
良い影響を与えてくれます。

 

カギ足、練行足、ポイント&フィギュアの表示方法

使っている人は少数かもしれませんが、カギ足、練行足、ポイント&フィギュアも
JForexでは表示できます。今のJForexもできる機能ですがこの際なので紹介します。

 

練行足、カギ足、ポイント&フィギュアの表示方法

これらを表示させるには時間足設定から表示させます。
上図の赤枠で囲った部分が該当する部分です。

初期設定ではほとんど使えない状態なので、以下のように設定を変更します。

練行足、カギ足、ポイント&フィギュアのカスタマイズ

「設定」→「オプション設定」→「期間」で「期間のカスタマイズ」画面に移動します。
赤矢印を選択し、設定変更したい「種類」を選択します。

今回は、「練行足」を選択しました。

 

練行足、カギ足、ポイント&フィギュアのカスタマイズ2

次に「数量」を選択し、自分が分析しやすいものを選択します。

今回は適当に「3ピップス」を選択します。

 

練行足、カギ足、ポイント&フィギュアのカスタマイズ3

設定したら赤矢印の「>>」をクリックすると右側の欄に「Renko 3ピップス」が追加されるので
下の「OK」をクリックして保存して終了です。

 

練行足、カギ足、ポイント&フィギュアのカスタマイズ4

元のチャート画面に戻り、時間足設定で「Renko 3ピップス」が表示されていれば成功です。

カギ足、ポイント&フィギュアも同じように設定で変更できるので
こちらを使いたい方は同じように設定してください。

 

まとめ

今回の記事で新JForex(JForex3)の紹介を終えます。
新JForex(JForex3)はまだまだ改善される余地があるとのことで
本社の方で随時改良しています。

改良してほしい部分をデューカスコピー・ジャパンに伝えれば
改良してくれることも出てくると思うので、気づいたことや改良してほしい点を
遠慮せずに伝えてみてください。僕も今回使ってみて改良してほしい点を
いくつか伝えていきます。(ラインの複数同時削除など)

JForexは実際に使ってみないと分からないことが多いですが
今回の3記事でJForexの良さが少しでも伝わって頂ければ幸いです。

 


WEB、スマホで更新情報をプッシュ通知で受け取る→

スマホへは「Push7」アプリをダウンロード後に、ROSE FXの購読ページから購読してください。


■手法と戦略レポート2種類プレゼント中! ■

現在【163名】がタイアップキャンペーンに申し込み中です!

ROSE FX手法と戦略の立て方レポートを特典でプレゼントしています。このレポートを学びながら本サイトの内容を実践していくことで自分が望む目標が手に入りやすくなります。

1,000通貨から取引できるデューカスコピー・ジャパンで長期的な視点に立った資産運用、 また節税対策(外付け手数料の経費計上)をしていきましょう。 メイン口座にしている理由

キャンペーン概要はこのバナー(画像)をクリック!↓ デューカスコピー・ジャパン

※上の画像か青文字部分をクリックするとタイアップキャンペーンページへ移動します。
 必ず当サイトのバナー画像や文字リンクからキャンペーンページへ入り、
 口座開設されてください。それ以外は無効になります。

デューカスコピー・ジャパンのスペック表
チャートシステム JForex (ECN取引)
ワンクリック取引可
トレール注文可
リアルタイムニュース受取可
ポイント&フィギュア表示可
かぎ足チャート表示可
ティックチャート(ティック数変更可)
180以上のインディケーター
レバレッジ 個人25倍
法人100倍
ともに一部通貨ペア10倍
通貨ペア数 48通貨ペア
最低取引単位 1,000通貨〜
スプレッド
(変動制)
1/7~13
ドル円 0.2~0.8
豪ドル円 0.7~1.5
ユーロ円 0.3~1.3
ポンド円 1.1~2.6
ユーロドル 0.1~0.6
ポンドドル 0.7~1.8
外付け手数料
(ディスカウント方式)
10~35円
手数料20%キャッシュバックあり
高金利通貨ペア
スワップ
南アフリカランド円 17円
トルコリラ円 85円
クイック入金 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
ゆうちょ銀行
ジャパンネット銀行
住信SBIネット銀行
楽天銀行
その他  板情報あり
BID注文/OFFER注文
自動売買注文
HPの情報ツール豊富

デューカスコピー・ジャパン株式会社 記事一覧
口座開設手順
JForex・トレード本音レビュー
SWFXを徹底解説!
手数料20%キャッシュバック
JForexをROSE FX仕様にしよう!~ログインからチャート分割まで~
JForexをROSE FX仕様にしよう!~インディケーター設定とワークスペース保存まで~
JForexの注文方法 ~成行注文、逆指値注文、トレール注文~
JForexのプライスボード・OHLC情報の編集
デューカスコピージャパンの情報ツールの使い方
RCI3本を表示させる方法
70ティックチャートの表示方法
新JForex使用感レポート①
新JForex使用感レポート②
新JForex使用感レポート③

 

■戦略記事をリアルタイムで受け取る方法■
<ブログ更新のメール通知&メールマガジン購読(無料)> 
現在【896名】購読しています


※もし登録できないようでしたら「お問い合わせ」にメールアドレスを記載して送信してください。
こちらでメールアドレスを登録します。
※ 「rosefx.pw」のドメインを受信できる設定にしてください。docomo、ezweb、hotmailの方は届いていないことを確認しています。
登録できない旨を返信したいですが、全て戻ってきてしまい、返信できないのでご了承ください。
※ここ数日、Gmailを利用してメルマガ受信されている方は、迷惑メールフォルダに入ってしまっていることが多くなっています。
もしメルマガが届いていない場合は、「迷惑メールフォルダ」または「すべてのメール」を探してみてください。よろしくお願い致します。

デューカスコピー・ジャパン

 

-タイアップ, デューカスコピー・ジャパン株式会社
-, , , , , , , ,

Copyright© ROSE FX , 2017 AllRights Reserved.