FXコラム FX初心者の方へ

相場急変時の対処の仕方

投稿日:

相場急変時の対処の仕方

相場急変時の対処の仕方は、まず急変時はトレードせずに動きを見ていくこと。

ポジションを持っていて逆方向に動いているなら損切りすること。

この2つだけです。

でも出来ない。

それはなぜか。

 

■なぜ相場がパニック(急変時)になるときにやるのか

それはその方が稼ぎやすいという根拠のない考え方に捕われているためです。

人間は本能的に動いている物に目が反応し、行動を無意識にとっていきます。

無意識なので、頭で考えずに身体が反応するくらい基本的なことを叩き込んでいる
熟練で勝ち続けているトレーダーならまだしも、その域にも達してない、
というかそのような人はほとんどいないので、無理にやるのは止めるのが一番です。

どうしてもトレードしたいならば、必ず戻りがあるので、戻りを待つことです。

このとき、いつ戻るのか、そのまま進んでいってしまうかもしれないという
乗り遅れたくない心理が働いてしまうので中途半端な所でトレードしてしまい
お祈りトレードや損失が大きくなるのです。

 

■相場急変時はやらない、と自分で決めること

自分で決めたことを自分で守ること。

これが一番出来ないのですが、出来なかったら退場するか破産するしかないので
守れない自分が悪いと思いましょう、これも自己責任のうちです。

トレードで大事なことは、まず自分を守ることです。

利益を上げるのは二の次。

これをトレードを始めた最初の段階から考えないから
後悔するはめになるのです。

これは僕も身に染みて分かったので、このことを最初から知りたかったです。

 

■自分を守るために必要なもの

この自分を守ることという中に、相場分析、つまりテクニカル分析やファンダメンタルズ分析が
含まれていることを多くのトレーダーは見逃しています。

投資なので利益を追い求めてしまうことが最初に来てしまうので
このようなことは後回しにして考えない、考えられない。

この時点で差がつくのは当然と言えば当然です。

 

では、自分の守るためを前提とした分析になるとどこが変わるのか。

エントリーするポイント、しないポイントの明確化
損切りするポイントの明確化
様子見できることの勇気

この結果から、トレードは自分が決めたことを守れるようになり
しいては自分を守るために繋がるのです。

これらのことが出来るようになると必然的にトレード回数が減り
結果、余計なスプレッドなどの手数料がかからずに収益が改善されます。

そもそもトレードで利益の出るタイミングというのは1日3回あればいいほうです。
1回あったらそれこそ「今日はトレードチャンスがあってありがとうございます」
相場に感謝する心をもつことが大事です。

 

■まとめ

まとめるまでもありませんが、相場の急変時はやらない、ポジションを閉じる(損切り)
この2つが守れないようなら後はないことを心してやりましょう。

後悔先に立たず、にならないように。

大抵は良く動いているところでトレードして損失が増えているはずです。

利益を積み上げるのは通常の動きだけで十分です。

突発的なものは手を出さない!と自分で決めて、試しに3ヶ月間試してみてください。
それだけで効果は実感できます。

・・・と書いていても、実際にやるのは、ROSE FXの読者が毎日2200人前後なので
20人いるかいないかでしょう、悲しいことに。。。。。

 

でも実際に書いてあることを守って続けている人たちからは
利益が増えて損失もトレード回数も減ったということを、
ちょくちょくメールやTwitterでいただくので、実際にやって自分の頭で考え続けて行動していく人が
自分が得たい結果を得ているのは確かです。

 

 

WEB、スマホで更新情報をプッシュ通知で受け取る→

スマホへは「Push7」アプリをダウンロード後に、ROSE FXの購読ページから購読してください。

-FXコラム, FX初心者の方へ
-, , ,

Copyright© ROSE FX , 2018 AllRights Reserved.