FXコラム FX初心者の方へ

FXの取引時間と最適な通貨ペアの選び方

投稿日:

FX取引時間

 

FXの市場オープンはなぜかFX会社やサイトによって違っていますが
大体上の図のような時間帯になります。

北半球と南半球では夏時間と冬時間が逆転してますので、オセアニアでは逆になります。
(オセアニアでもサマータイムを導入してないところもあります)

オセアニア以外で薄い色になっているところは、各市場の早出勢を考慮して表示させました。

 

僕はこのサマータイムを導入されて時間がずれるのが苦手で
特に冬時間で欧州時間が始まる前の14〜16時までの動きにくい時間があるのが嫌です。

さらに夜は値動きが激しくストップ(損切り)幅が大きくなるのも苦手なので
朝の8〜12時くらいまでで10pipsを1、2回で取れればトレードを終了するほうが好きです。

今の手法もドル円に適しているようにしているので、朝の動きに最適なトレード手法になっています。

もちろん値動きの概念に沿っているので、どの時間でも通貨ペアでも通用しますが
個人的には朝の時間で終わり、あとはゆっくりと自分の時間に当てたかったので
そういうように作り上げました。(今はサイト更新があるのでそうではないですが・・・)

 

■動きやすい通貨ペア

各国の市場オープン時は自国通貨の取引が活発になるので、
日本では円が動きやすい通貨になります。

それより少し前にオープンしているのがオセアニアなので、
豪ドル、ニュージーランドドルも動きやすい通貨です。

日本時間の16時以降だと、ユーロ、ポンドが動きやすくなり
日本時間の21時以降だと、ドルが動きやすい通貨になります。

 

これらを踏まえて最適な通貨ペアを選ぶとしたら

朝・・・ドル円、豪ドル円などのクロス円(必ずドルストレートも見ること)

16時以降・・・ユーロドル、ポンドドル、ユーロポンドなどの欧州通貨

21時以降・・・ユーロドル、ポンドドル、豪ドル米ドルなどのドルストレート、ドル円

 

日本人の多くは円絡みの通貨ペアで取引していますが
実際には円はドルやユーロより供給量が低く世界でも3番目くらいの規模です。

さらにドル円以外のクロス円は合成通貨であり、市場では取引されていないので
ドルストレートの動きをみてトレード戦略を考えなくてはいけません。

ポンドも人気がありますが、供給量が少ないので薄商いになりやすく
あれだけボラティリティが出てしまうので変動が大きくなるのです。
(流れが終わると極端にもみ合いやレンジ相場になりやすい)

それを狙ったトレード手法も多く開発されていますが
基本的に値動きの基本や概念にそっているので、特に怖がる程ではありません。

 

■トレード市場に合わせてトレード通貨ペアを変える

職業によってチャートを見られる時間が違いますので
自分がチャートを見られる時間帯に合わせて取引スタイルや通貨ペアを変えることが
一番利益に繋がりやすくなります。

朝しか見られない人は、通貨ペアはドル円に絞ったり
夜しか見られない人は、ユーロドルなどのドルストレートに絞ります。

今はなんだかんだ言ってもドルが主要通貨なので、ドルストレートは必ず分析しておきます。

FXを初めたばかりの人は、ドル円だけをしっかりと分析でき、戦略を立てられるまでは
他の通貨ペアに手を出すのは控えてください。

全部の通貨ペアをやろうとするからダメになるので、まずはドル円をしっかりとできるように
1年以上はROSE FX流チャート読解と値動きの概念を身体に叩き込みましょう!

 

その時々で各国の経済事情で動く通貨が変わってきますが
それが事前に分かるようになるには(みんなが動き出す前から)
しっかりとした基本的な動きが実践できるようになってからです。

慌てず、ゆっくりと勉強をしていきましょう。
中途半端に手を出して中途半端なトレーダーがたくさんいます。

そういう人たちとは一線を画すように、今からでも遅くはないので
ROSE FXの読者の人たちはゆっくりと着実に積み上げていってください。

 

 

WEB、スマホで更新情報をプッシュ通知で受け取る→

スマホへは「Push7」アプリをダウンロード後に、ROSE FXの購読ページから購読してください。

-FXコラム, FX初心者の方へ
-, ,

Copyright© ROSE FX , 2018 AllRights Reserved.