FXコラム

ROSE FXで逆指値注文を使う理由

投稿日:

このROSE FXのFXブログで
今まで書いたどうかは忘れてしまいましたが
毎朝更新しているトレードアイデアで注文する方法は
逆指値注文です。

俗にいうストップ注文

記事にはどこを抜けたら加速すると書いているため
察しがついている人は多いとは思いますが
なぜ逆指値注文を使うのか。

それは相場が動く方向についていくためであり
トレンドは終点まで続いていくということだからです。

押し目や戻りを待つときも、それが本当に押し目となるのか
戻り売りのタイミングなのかを見極めるためにも
指値注文は使いません。

よほどレジスタンスやサポートの条件が揃っていれば
指値でもいいのですが、それは分からないことが多すぎて
リスクが高くなります。

無意味なもみ合いに入ることも多く、それだけでストレスが溜まり
その後のポジション保有や含み損で感情が揺さぶられることは
トレーダーの精神衛生上悪いです。

 fx 逆指値のメリット

逆指値注文では逆に、あるところを抜けたら加速する可能性があるところで
注文を入れておくために含み損よりも含み益になることが多いです。

もちろん注文値よりも越えて含み損になることも多いですが
結果的にはトレンドに沿って注文をいれてポジションを持つために
利益になりやすいのは理論上は正しいです。

そうは言ってもうまく行かないことも多いのは当然です。

でもトレンドが反転するか分からないところでポジションをとるのと
反転を確認してトレンドの方向に行くのが、
その時点では分かっているところでポジションをとるのとでは
どちらがリスクは低いのかということです。

手法の違いがありますが、個人的にはトレンドが分かっている方向に
ついていく方がリスクは少ないと断言します。

だから注文方法が逆指値注文なのです。

 

逆指値注文のメリットは上記のようなことですが
もちろん、弊害もあります。

それは、滑ること。
滑るとは、注文した価格より外れたところで約定してしまうこと。

これが結構頻繁に起きるのが逆指値注文です。

外付け手数料でECN取引を使っている会社でさえ
これが頻繁に起きるので、どうにかしてほしいとは思っています。
スキャルピングは今はしないのでいいですが
この辺は永久的な課題なのでしょう。

 

逆指値注文のメリットはトレンドが続く、動く方向についていくには
最適な注文方法ですが、デメリットは滑って、その分だけ利益が減り
 損もわずかながら増えてしまうこと。

それでも逆指値注文はメリットが高いので
成り行きより多く使っています。

ROSE FX5バートレード販売スタート!

 

WEB、スマホで更新情報をプッシュ通知で受け取る→

スマホへは「Push7」アプリをダウンロード後に、ROSE FXの購読ページから購読してください。

-FXコラム
-, , ,

Copyright© ROSE FX , 2018 AllRights Reserved.