フィボナッチ

フィボナッチとは何か

更新日:

フィボナッチ

 

画像元:おもしろ数学講座

 

フィボナッチとはイタリアの数学者レオナルド・フィボナッチが発見した、
と思っていましたが、そうではなく「算盤の書」の中で紹介したようです。

フィボナッチの意味は「ボナッチの息子」
つまりフィボナッチを使う人たちは皆この人の息子ということです(笑)

うさぎの出生率の数学的なアプローチで使用された数列が
フィボナッチ数列となり、その数と数の比率が
神秘的な数字に収斂、拡散することから
黄金比率として知られています。

フィボナッチ数列とは、
0,1,1,2,3,5,8,13,21,34,55,89,144,233・・・と永遠に続き
1つ後ろから割ると0.618
2つ後ろから割ると0.5
3つ後ろから割ると0.382に収斂します。

拡散は逆に1つ前から割る。
1.618、1.5、1.382と拡散する。

この比率が黄金比率で自然界全てのものに共通しているとまで言われます。
オウムガイの巻き、ひまわり、惑星と惑星の距離。
人工物だとミロのビーナスが有名です。

このように不思議な数値に収まり、それが違和感なく美しいというわけで
相場のチャート分析も人間は自然の一部なので、知らずにその影響を受けている
という理由から使い始めた人たちがいました。

それが偶然にも一致することが多かったので
今では幅広く多くの人たちに使われて、フィボナッチ比率の付近には
ポジションの塊があると思われています。

過去にフィボナッチを僕も使っていましたし、今も使っていますが
その真偽は未だに不明です。

たしかにターゲットとして狙ってくることはあります。
そこで止まることもありますが、そのまま突き進むこともあるので
一概には言えませんが、僕は好んで使います。

それは多くの人が使っているから(それさえも定かではない)ではなく
チャートはアートと同じで、「美しさ」を追求しているからです。

汚いチャートとはレンジとかもみ合いではなく
直前の安値か高値を越えてないもの、ヒゲと実体の形などが変なもの。
変なものとは違和感があるものです。

美しいチャートとは、実体のしっかりしているもの(抽象的ですが)
流れがはっきりしているもの、値幅が3本以内で収まってきているものを
1つの目安にしています。

この辺はチャートを穴が開くまで見て、分析するしか感覚がつかめませんが
人間は綺麗なものに惹かれる習性があるので、そういう場面を狙って
トレードすることが一番です。

それを見るためにフィボナッチを使った戻りの比率、拡散の比率を
トレードに使いこなしています。
(それはブログを読んでくれてる方はわかるはず・・・)

チャート上で使うツールに
フィボナッチリトレイスメント、フィボナッチエクスパンションを
メインに使っていますので、次回はこの使い方を書いていきます。
(どこに置くかで結構変わってしまうことがあるので)

 

ROSE FX5バートレード販売スタート!

 

WEB、スマホで更新情報をプッシュ通知で受け取る→

スマホへは「Push7」アプリをダウンロード後に、ROSE FXの購読ページから購読してください。

-フィボナッチ
-, , ,

Copyright© ROSE FX , 2018 AllRights Reserved.