デューカスコピー・ジャパン株式会社 情報ツールの使い方

CFTC(米商品先物取引委員会)の建玉明細報告(CoT reports)から作成されるCoTチャート[PR]

更新日:

CoTチャート デューカスコピー・ジャパン

大口投資家・投機家のポジションを知りたい!と思うことはありませんか?

僕はありません(爆)

と言い切ってしまいましたが、それだけだとこの記事が終わってしまうので
知りたいという前提で書いていきます。

日本でFXが流行り出した少し後から大口投機家たちのポジション量を知るために
IMMポジションのレポートを見ることが話題になりました。

IMMポジションとはシカゴ・マーカンタイル取引所の国際通貨先物市場に
上場されている通貨の建玉明細で、建玉明細の大口玉は報告義務があり、
各取引所は米商品先物取引委員会(CFTC)に毎週火曜日の取引終了時点の建玉明細を報告します。

それらを集計し、当該週の金曜日の取引終了後にHP上で公表。
投機玉と商業玉に分かれ投機玉の建玉明細に注目することになります。 

このIMMポジションとほぼ同様のもの(表現が適切でないかも)をCoTチャートとして
デューカスコピー・ジャパンは提供しています。

 

CoTチャートの特徴

・CoTの変動はトレンドの変動の指標となりえる

・チャートが特定の期間内における最大値もしくは最小値に達する場合、
 トレンドが近いうちに反転することを期待できる

・買い建玉の総数の変動から、トレンドの力を測ることができる

※USDを基礎通貨(決済通貨)としているため注意が必要です。

 円の場合は、JPY/USDとなります。
 普段トレードしているUSD/JPYとは表記が逆となるため
 ロングとショートも意味合いが逆になります。

 JPY/USDをロングするとはJPYを買い、USDを売る
 JPY/USDをショートするとはJPYを買い、USDを買う と言うことになります。

 

実際にチャートから読み取ってみよう

 

◆ノンコマーシャル・トレーダー(Noncommercial traders)
 投資目的で先物取引を行い、一定の基準をクリアしている個人トレーダー、ヘッジファンド、
 大手の機関投資家などの投機家

◆ロング・ノンコマーシャル・ポジショニング(Long Noncommercial Positioning)
 ノンコマーシャル・トレーダーの買い建玉の総数

◆ショート・ノンコマーシャル・ポジショニング(Short Noncommercial Positioning)
 ノンコマーシャル・トレーダーの売り建玉の総数

◆ネット・ノンコマーシャル・ポジショニング(Net Noncommercial Positioning)
 ノンコマーシャル・トレーダーの買い建玉の総数と売り建玉の総数の差異
 通常このポジショニングの推移は、通貨ペアの為替の値動きに比例

◆ウィークリー・クローズ価格(Weekly Close Price)
 通貨ペアの為替の値動きを追うことができる。
 チャートの横目盛りは毎週火曜日の取引終了時点での為替価格を表す。

 

読み取り方

2016年に入ってからを考えていくと、薄い青のロングポジション(※以下略します)と
薄い赤のショートポジションが入れ替わりました。

つまり、JPY/USDのロングポジションがショートポジションを上回ったということです。
(そのためドル円は下落していきました)

この入れ替わりがあったのが2012年10月23日の時なのでその頃のチャートを見ると
ドル円が75.68まで下落してきた時以来です。
3年2ヶ月ぶりにロングとショートが入れ替わったことになります。

そして今現在(2016年4月20日時点)その差は開いています。
再度これが入れ替わらない限りは円高が続いていくことを意味しています。

 

まとめ

このチャートができるまでには時間がかかることから個人的には参考にはしません。
さらに値動きの概念が分かれば、なんとなくポジションの偏りやファンダメンタルから
高い精度で推測できるので確認用に使うとかで良いと思います。

ロングポジションが偏りすぎているとかは一概に偏りすぎているかは判断しづらく
人によって定義が曖昧なので、不確実性が多い投資の世界に定義が曖昧なものを
判断材料で入れるとさらに不確実性が増してしまいます。

そのためCoTチャートは確認用で見るだけにしておき、
リアルタイムにポジションの偏りや通貨の強さを判断できる「SWFXセンチメント指標」を
使う方が得策だと思います。


WEB、スマホで更新情報をプッシュ通知で受け取る→

スマホへは「Push7」アプリをダウンロード後に、ROSE FXの購読ページから購読してください。


■手法と戦略レポート2種類プレゼント中! ■

現在【163名】がタイアップキャンペーンに申し込み中です!

ROSE FX手法と戦略の立て方レポートを特典でプレゼントしています。このレポートを学びながら本サイトの内容を実践していくことで自分が望む目標が手に入りやすくなります。

1,000通貨から取引できるデューカスコピー・ジャパンで長期的な視点に立った資産運用、 また節税対策(外付け手数料の経費計上)をしていきましょう。 メイン口座にしている理由

キャンペーン概要はこのバナー(画像)をクリック!↓ デューカスコピー・ジャパン

※上の画像か青文字部分をクリックするとタイアップキャンペーンページへ移動します。
 必ず当サイトのバナー画像や文字リンクからキャンペーンページへ入り、
 口座開設されてください。それ以外は無効になります。

デューカスコピー・ジャパンのスペック表
チャートシステム JForex (ECN取引)
ワンクリック取引可
トレール注文可
リアルタイムニュース受取可
ポイント&フィギュア表示可
かぎ足チャート表示可
ティックチャート(ティック数変更可)
180以上のインディケーター
レバレッジ 個人25倍
法人100倍
ともに一部通貨ペア10倍
通貨ペア数 48通貨ペア
最低取引単位 1,000通貨〜
スプレッド
(変動制)
1/7~13
ドル円 0.2~0.8
豪ドル円 0.7~1.5
ユーロ円 0.3~1.3
ポンド円 1.1~2.6
ユーロドル 0.1~0.6
ポンドドル 0.7~1.8
外付け手数料
(ディスカウント方式)
10~35円
手数料20%キャッシュバックあり
高金利通貨ペア
スワップ
南アフリカランド円 17円
トルコリラ円 85円
クイック入金 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
ゆうちょ銀行
ジャパンネット銀行
住信SBIネット銀行
楽天銀行
その他  板情報あり
BID注文/OFFER注文
自動売買注文
HPの情報ツール豊富

デューカスコピー・ジャパン株式会社 記事一覧
口座開設手順
JForex・トレード本音レビュー
SWFXを徹底解説!
手数料20%キャッシュバック
JForexをROSE FX仕様にしよう!~ログインからチャート分割まで~
JForexをROSE FX仕様にしよう!~インディケーター設定とワークスペース保存まで~
JForexの注文方法 ~成行注文、逆指値注文、トレール注文~
JForexのプライスボード・OHLC情報の編集
デューカスコピージャパンの情報ツールの使い方
RCI3本を表示させる方法
70ティックチャートの表示方法
新JForex使用感レポート①
新JForex使用感レポート②
新JForex使用感レポート③

 

■戦略記事をリアルタイムで受け取る方法■
<ブログ更新のメール通知&メールマガジン購読(無料)> 
現在【896名】購読しています


※もし登録できないようでしたら「お問い合わせ」にメールアドレスを記載して送信してください。
こちらでメールアドレスを登録します。
※ 「rosefx.pw」のドメインを受信できる設定にしてください。docomo、ezweb、hotmailの方は届いていないことを確認しています。
登録できない旨を返信したいですが、全て戻ってきてしまい、返信できないのでご了承ください。
※ここ数日、Gmailを利用してメルマガ受信されている方は、迷惑メールフォルダに入ってしまっていることが多くなっています。
もしメルマガが届いていない場合は、「迷惑メールフォルダ」または「すべてのメール」を探してみてください。よろしくお願い致します。

デューカスコピー・ジャパン

 

-デューカスコピー・ジャパン株式会社, 情報ツールの使い方
-, , , ,

Copyright© ROSE FX , 2017 AllRights Reserved.