FXコラム ファンダメンタルズ

人民元安で中国は輸出加速狙い?アメリカは人民元安で騒ぎだす

投稿日:

今日も中国は人民元の中心レートを下げて2012年以来の水準まで落としてきました。

13時時点、中国人民元の実質レート(12時前で画像は更新止まり)

中国人民元リアルタイム 実質レートチャート

(via:Bloomberg business

昨日と今日で20.000→19.028と大きく下げています。
あからさまにここまで下げるとだまっていないのがアメリカです。

アメリカの利上げにも影響する可能性もあるので
中国の動向には注意しておかないといけなくなりました。
焦点:人民元切り下げで「通貨戦争」が新局面へ、米利上げにも影響か

外為ドットコム 人民元・円チャート

(via:外為ドットコム

 

人民元の実質レートの週足チャート

中国人民元 月足中心レート

(via:Bloomberg business

もっと上手く段階を追ってここまでにすれば良いのに
それが出来ないということは内情はそろそろ火の車状態なのでしょう。

人民元安ということは輸出に有利に働くため、中国の輸出企業が栄えることになり
鉄鋼などの資源が海外に流れていくことになります。

当然アジアの資源国であるオーストラリアなどは痛手をくうことになります。
日本の輸出企業は特にアジアに対しては厳しい状態になっていきます。
結果、輸出関連株が売られて下落します。

アジア通貨と日本円を比べるとアジア通貨安・円高という構図になっています。

 

人民元/米ドルチャート 週足

人民元・米ドルチャート

(via:Bloomberg business

人民元/米ドルチャートです。

通常自国通貨を右側にもってくるため、米ドル/人民元のチャートではないことに
上の画像では注意。

アメリカはもともと人民元は実体経済に対して安すぎると言っていた理由がこれで分かると思います。
米ドルから見ればもっと人民元高・ドル安であった方が良かったのです。

そこに意表をついた人民元の切り下げで米ドルが高くなり
アメリカが怒りだすということに繋がります。

※切り下げるとは自国通貨を安くすることであり、売られやすくなる

 

今後、人民元安がどこまで続くかに市場の注目が集まり
毎日が変動の激しい相場になる可能性があるので、中長期向けの人は様子見で
短期は振り回されないようにしていきたいところです。

これを機に世界で通貨安戦争が起きないことを望みます。

ROSE FX5バートレード販売スタート!

 

WEB、スマホで更新情報をプッシュ通知で受け取る→

スマホへは「Push7」アプリをダウンロード後に、ROSE FXの購読ページから購読してください。

-FXコラム, ファンダメンタルズ
-, , , , ,

Copyright© ROSE FX , 2018 AllRights Reserved.