ROSE FX流チャート読解 ローソク足

ローソク足で必ずチェックする3つのポイント

投稿日:

デイトレードやスキャルピングトレード、スイングトレード。

いろいろなトレードスタイルがありますが、スタイルに関わらず
ローソク足で最低限チェックしなければいけない3つのポイントをあげます。

これを知っていれば休む時には休めるという利点や勢いのあるなし、
動きやすいかそうでないかを判断できるため収益に繋がりやすいです。

それでは順に説明していきます。

 

■はらみ足の時はトレードしない

FX はらみ足

まずはトレードを避けたい場面。
チャート図で囲ってある所に注目。

1つの足の値動きの中でローソク足が作られているのが「はらみ足」というものです。
俗にインサイドバーと呼ばれるものです。

値が収束している時やどちらに行こうか迷っているということであり
はらんでいる高値か安値のどちらかを一度抜けるまでは動きにくいという状態。

トレードする時は、はらみ足抜けたローソク足が確定した後に
戦略を立てていくことが必要になります。

基本的にはらみ足を抜けたあとは、少ししか動きません。

その理由として、値幅が狭くなって起こるのがはらみ足なので
値幅を広げるにはそれなりのパワーが必要になります。

そのパワーが一度放出されたあとに、トレンドができるのか
そのまま元に戻っていくのか、逆に動くかはそのときになってでしか
判断できないので、はらみ足を抜け後は待つことが無難になります。

 

■包み足は絶好のトレードチャンス

FX 包み足

上図で囲っているところを見てください。

1つ前のローソク足を次の足が包んでいる状態。

これは何が言えるかというと、高値も安値も前の足を抜いていることで
どちらかに行きたがっている状態であり、ローソク足の実体部分にもよりますが
陽線なら高値を越えた時、陰線なら安値を抜けた時がトレードチャンスとなります。

包み足は抜けた後に勢いが強い状態になりやすい特徴があります。

トレンドに沿っていれば、包み足のローソク足の値幅と同じ分だけで動くことが多いので、
包み足&トレンドと一致 のパターンが出たらチャンスだと思って積極的に仕掛ける場面です。

 

■あるローソク足が2本続けて現れる

2本連続高値安値更新

上図で水色で囲っている部分は基本のパターン。
黄土色で囲っているのはイレギュラーな複合パターン。

2本の足とも安値切りあがり、高値切りあがりの状態。
これは上昇する力が強くなっているので、2本の足が確定したら
次の足で2本目の高値を抜けたら上昇しやすい証拠になります。
(下落はその逆)

 

■まとめ

日足と4時間足、1時間足は多くのトレーダーがチェックしているものであり
トレンドにあわせてトレードしていく場合には欠かせないものです。

上記の3つのポイントを意識してみることで
動きやすい時間にいるのか、待機しておいたほうがいい時間なのか
簡単に把握できるので最低でも1時間足は必ずチェックするようにしましょう。

ブログでは30分足を最終判断に使っていますが、1時間足もちゃんと見ておいてください。

1時間足でのトレンド転換する場所が30分足でも同じなら
より意識されるポイントになることが多いです。

 

 

WEB、スマホで更新情報をプッシュ通知で受け取る→

スマホへは「Push7」アプリをダウンロード後に、ROSE FXの購読ページから購読してください。

-ROSE FX流チャート読解, ローソク足
-, , , , , , , , ,

Copyright© ROSE FX , 2018 AllRights Reserved.