ROSE FX流チャート読解

トレンドラインの強さを測るには3度目の反発を見よう!

更新日:

トレンドラインは奥が深いです。

自分が正しいと思ったラインが機能するときとしないときがあり
人間の心理や資金量によって決まるので当たり前といえば当たり前です。

教科書どおりに引いてもしょうがないという思いに駆られますが
教科書どおり引かないと作用するかしないかはわかりません。

今となっては昔ですが、それが嫌で一切のトレンドラインや
サポートライン、レジスタンスラインを引くのをやめたことがありました。

結果としては対して変わらなかったのですが
やはり引けるものは引いたほうがいいです。

でも引いたはいいけれど、本当にそのラインが重要視されるかどうかは
分かりませんが、少なくともそのラインを超えれば動き出しそう、という
ラインを見つけられたらしめたものです。

今回はその秘訣です。

 

3度目のトレンドラインを試す場面

秘訣というのも恥ずかしいですが
「トレンドラインの3回目の反発を見る」

これしかありません。

この3回目はトレンドラインにタッチしなくても、
トレンドラインに近づいて切り替えしてきたら、それはそのトレンドラインに
反応している証拠なので3回目とみなします。

下図をご覧ください。

 トレンドライン3度目の反発

3回目のラインに該当する場所を書いてみました。

このチャートは30分足ですが、日足、4時間足にも引きます。
これをするだけで意識されているトレンドラインと価格が分かります。

このトレンドラインの引き方に、
このブログで紹介した「ROSE FXのトレード概念」をあわせると
面白いくらいにトレンドの方向へ動くのが分かります。

4時間足でアップトレンドだったら、30分足で3回高値を抑えられている
トレンドラインを超えてきたら、上昇が強くなった証拠として判断できます。

反対にダウントレンドだったら、30分足で3回安値を跳ね返している
トレンドラインを抜けてきたら、下落が強くなった証拠として判断できます。

ちなみに3回目の反発にかかる時間は、短ければ短いほどいいです。
一番短くて、3本連続で高値が切り下がる、安値が切り上がるパターンです。

次に2つのトレンドラインが引けたときの2番目の点の次に反発が確認できるもの
ちょうど上図だと一番右端にあるトレンドラインが良い例です。

 

最後に

トレンドライン、「ROSE FXのトレード概念」
この2つを考えることで無駄なエントリーや損失を繰り返さずにすむので
ぜひともご自身のトレード戦略に加えてみてください。

 

ROSE FX5バートレード販売スタート!

 

WEB、スマホで更新情報をプッシュ通知で受け取る→

スマホへは「Push7」アプリをダウンロード後に、ROSE FXの購読ページから購読してください。

-ROSE FX流チャート読解
-, , ,

Copyright© ROSE FX , 2018 AllRights Reserved.