FXコラム

トレードが怖いのは相場に対して勉強や検証をやりきった自信がないから

投稿日:

FXを始めたての頃はFXに対して過剰な期待感を持っているため
トレードに対してマイナス面は考えることはしていなかったはずです。
だからビギナーズラックで勝ててしまうのですが、そう長くは続きません。

ビギナーズラックで勝てるほど相場は甘くないので
無知なトレーダーには痛い目に合わせます。この痛い目にあった瞬間から
トレードに対して過剰な恐怖を頭と心に植えつけていきます。

自分が適切な行動をとらない限り、常に恐怖を植え付け続けるため
逃れる方法をきちんと考えていかないといけません。

トレードの恐怖は自分の選択した行動に対して正当性があるか、間違っていないかであり
この考え方がよりトレードの恐怖を増している原因です。

トレードが怖いのは相場に対して勉強や検証をやりきった自信がないから

トレードの負け=自分の選択・行動ミスではあるが、必ずしもそうではない

相場は生き物なので、過去と同じような動きをしていても
動きの背景にあるものやその時の雰囲気によって値動きはいくらでも変わります。

感情でトレードしている、何も勉強していない、中途半端な勉強では
明らかに個人の選択と行動ミスなので論外ですが、きちんと利益を上げられていて
利益率も良いトレード手法を持っている、または持ち始めているならば一概にそうとは言えません。
この状態の時にトレードの負けを自分のせいにしてしまうのは、かなりもったいないです。

相場を100%予測するのは不可能ですが、100%に近づけようとすることはできます。
この100%と100%に近づけることの間には大きな壁があり
この壁を自分の選択・行動ミスと捉えるか、相場状況の変化と捉えるかがトレード心理に影響を与えます。

前者ではまだ自分を信じきっていない状態であり、後者では自信を持って行動できてる状態です。
1回1回のトレードではわからないと思いますが、積み重なると大きな違いになります。

 

トレードの恐怖は勉強や検証をやりきっていない証拠

トレードが怖いということは、その怖さを埋めるための行動を起こしていないことと同じです。
ですが、怖さだけを意識して勉強や検証を行うと、怖さがある前提で考えてしまうため
怖さを克服するのではなく、避けるような方法ばかりに目が向いてしまいます。
これは無意識でやってしまうので避けようがありません。

個人的には移動平均線やボリンジャーバンド、MACD、ストキャスティクス、
RSI、RCIなどインディケーターに頼りすぎるのはこのためだと考えています。
インディケーターは使われるものではなく使うもの。
インディケーターをなくしても勝てるような自信ができてこそ有効に使えます。

トレードの怖さを克服するためにはこれら無しでトレードが出来るようにするために
値動きそのものを一から勉強し直すことが一番の近道となります。

 

勉強や検証をやり切るとはどういうことか

これらをやりきってしまう、やり切るとは値動きの70~80%以上を予測できること。
予測の基準はローソク足1〜10本の間でほぼその通りになること。

ただし、1つだけのパターンではなく、考えられるパターンをいくつも出し
その中で動く確率が高い順にパターンを並べ替えます。
高い順に並べた上位3つの中に値動きの70~80%以上を予測するものが入っていること。

これがやりきった状態です。でもこれだけで満足せずに常に改善を志し
精度を高めていく努力を命日チャートチェックの時にすることで
予測精度を維持でき、高めることにつながります。

一度やりきった状態になったからといって怠けてしまったら
常に状況や背景が変化している相場ではあっという間に取り残されてしまいます。

常に計画、行動、検証、計画、行動、検証のサイクルを回していきます。
これが本当に相場に対して真摯に向き合っている状態です。
これをなくして「FXで勝てない」「負け続けている」など決して言わないようにしてください。
やらないから勝てないのは当然のこと。ここまでやろうとしないのはFXを甘く考えているか
本当に重要なことではないからです。

 

相場云々の前に自分がやるべきことをやること。それが自信を高め、恐れを消していく

相場は自分が思う通りには動きません。動きを止めることも早めることもできません。
自分以外の不確定要素が入る可能性が実社会よりも高いのが常です。

不確定要素が高い中で、いかに確定要素が高い状況を見極めて行動を決めていくのか
投資とはそのようなものです。相場はランダムに動きますがランダムではなく
あたかも事前にそのように動くことが決まっていたかのように動く時があります。

この動きの時に自信を持ってトレードできるか。

これこそが究極の投資方法であり、そのために必要な能力がいつも言っている値動きの概念と本質です。
身につけて常に磨きをかけていけば一生ものの財産です。

この財産を守り、増やしていく努力をし続けることで自信が生まれていきます。
恐れなど相場状況によっては生まれますが、自分の行動や思考自体には生まれません。
相場状況が悪いことはこれらをやっていけば避ける術を身につけます。
その状況の時にトレードしなければ恐れは生まれません。

恐れとは自分がわからないことに対して反応してできた感情であり
恐れ=リスクだということを認識すればいいのです。
リスクは危険を冒すことと解釈されていますが、本来の意味は不確実性が高いことです。

不確実性が高いのは地球に生きている人全員に共通する前提条件の1つなので
常に私たちはリスクにさらされています。外に出たら交通事故に遭うかもしれないし
家にいても車が突進してくるかもしれないし、地震や台風、津波で死ぬかもしれない。
リスクは常に背中合わせです。でもリスクと引き換えに楽しい場所に行けたり
楽しい時間を過ごすことができたりするメリットもあるわけです。

リスクがあると認識するための基準を自分で持つことが
メリットを最大限に高めることにつながります。

こう考えるとFXや投資についてやるべきことがわかりますよね?

 

恐れを自分の行動から生まないためにやるべきことをやり
やったことが上記の条件を満たして自信につながっていることを実感してください。
トレードや手法よりこれらのことが先。順番を間違えないようにしてください。

ROSE FX5バートレード販売スタート!

 

WEB、スマホで更新情報をプッシュ通知で受け取る→

スマホへは「Push7」アプリをダウンロード後に、ROSE FXの購読ページから購読してください。

-FXコラム
-, , , , ,

Copyright© ROSE FX , 2018 AllRights Reserved.