ROSE FX経験談 トレード編

【トレード上達のコツ】時間軸ごとに目線を固定させるゾーン分けをすること

更新日:

「エントリーの方向は合っているけど思ったように動いてくれない。」
「トレンドは合っているのにちょっとした逆行で損切りにあう。」
「エントリーしてから利益になる方向に早く動いて欲しいポイントを見つけたい。」

チャート分析、戦略立て、エントリー前、トレード後にこう思ったことがあると思います。

でも実際に思って見てチャート分析しても確実にそうなるわけではないし
何が悪いのか、あるいはあと少しで分かるところまで来ているけどまだ掴みきれない。

今日はそんなトレーダーの悩みを解決します。

 

原因は上昇・中立・下降のゾーンの見極め、時間軸ごとの判断のケアレスミス

ROSE FXが考える理想的なトレードとは・・・

・どの時間軸のチャートを見てもエントリーすべき方向がパッと見で分かる
・ブレイク後の動きが素直である
・ターゲットまでの動きが早い
・チャートを見ていなくても安心していられる

おそらく皆さんも同じだと思います。

この理想的なトレードができるためには、チャートがどのようになっていればいいのか。
この点だけを考えればいいだけのことです。

「そんなことわかっているよ!」という人もいるとは思いますが
実際問題、それが出来ていない、判断基準が曖昧だから悩んでいるはずなので
分かっていてもできない状況です。

上昇しやすいゾーン、中立的でレンジ、もみ合いに入りやすいゾーン、下落しやすいゾーン、
この3つのゾーンを見極めるための明確な基準を持ち、時間軸(時間足)ごとに
ミスすることなく完璧にできるようになることで今日の悩みは簡単に解決できます。

 

3つのゾーンの見極めは「値動きの概念と本質」から判断する

簡単に解決できると書きましたが、実際には簡単ではないかもしれません。

3つのゾーンを見極めるためには「値動きの概念と本質」を体に叩き込み
無意識レベルで判断できることが絶対条件です。

その中でも

3バー理論
3バーを基にしたサポート・レジスタンスラインの引き方、

終値ベースのサポート・レジスタンスラインの引き方
高値(安値)-安値(高値)が近づくor重なるエリアの見極め
終値ベースと高値安値が近づくor重なるエリアの見極め

など、ざっと5つのポイントがあります。
(終値ベースでラインを判断するにはラインチャートを使います)

ドル円と豪ドル円はいつもアップしている戦略記事の黒ライン(通常のサポレジライン)
水色ライン(上記5つを考慮したライン)を見ればわかりますが
その他の通貨ペアは自分で判断して引かなければなりません。

ゆくゆくは自分でしっかりと引けるようにならなければ
いつまでたっても自立できませんし、真の実力はつきません。
怠けずに毎日少しの時間でもいいので練習して身につけてください。

 

3つのゾーンを色分けする

これらが完璧にできるようになれば3つのゾーンを見分けることができます。
3つのゾーンを見分けることができれば、どのゾーンを越えてくれば上昇ゾーンなのか、
中立ゾーンなのか、下落ゾーンなのかが分かり、目線を固定していくことができます。

目線を固定できれば逆張りをしないように注意することができますし、
押し目や戻りを狙う戦略を簡単に立てることができます。

ここまでは練習すれば誰でもできるようになりますが、
トレンド方向に進んでいった後のゾーンの判断や複数の時間軸から判断することは
少し複雑になっていくので経験を積んでいくことになります。

 

3つのゾーンは3つの時間軸だけで判断するのがベスト

トレンドが続いていくと1つの時間軸ごとに3つのゾーンが新たにできます。
1つ上の時間軸では上昇(下落)のゾーンなのに、トレードを判断する最小時間軸では
下落(上昇)or中立ゾーンになることがあります。

この時の判断で戸惑うことでトレード戦略を立てるための思考に迷いが生じ
脳にストレスを与えてしまうためチャートや自分の判断が正しくないのではないかと
不安や心配、恐れが生まれてしまいます。

無茶なトレードやポジポジ病が起こる時は大抵このような時です。

1つ上の時間軸でこれなら2つ上の時間軸も見て判断していくのであれば
倍の迷いやストレスがかかり、不安や心配、恐れも倍になります。

人によって能力の個人差や経験の差がありますが、
頭の回転が早くない人でない限りは3つ以上の時間軸は判断できません。
これが僕が3つのチャートしか使わない理由です。

4つも5つも異なる時間軸のチャートを表示させてトレードしたり
複数の通貨ペアも監視している人がいますが、それでうまくいっている人はいいですが
初期の頃や1つの通貨ペアだけでも月単位で勝ち越せない人は
1つの通貨ペア、3つの時間軸までに抑えておくべきです。

 

1つの時間軸のゾーン分けでも大きな視点と小さな視点で見ること

大きな視点と小さな視点で見るとはどういうことか。

これはどの時間軸でも共通することですが、俯瞰的に大枠で捉える視点が必ず必要であり
大枠の中で直近の動きを捉えるための小さな枠で捉える視点も忘れずに考えます。

イメージ的にはチャート機能のズームイン、ズームアウトです。

bigzone

チャート1

 

この図のように大きな視点でズームアウトすると
上昇ゾーン(ブルー)、中立ゾーン(グレー)、下落ゾーン(ピンク)に分けられます。

でもこれだけでは大枠では流れが捉えることができますが、直近の動きや分析には不向きです。
そこでズームインして小さな視点で見ていきます。

 

smallzone

チャート2

すると下落ゾーンの中に上昇ゾーン、中立ゾーン、下落ゾーンが見えてきます。
(今回は中立ゾーンの中の上昇ゾーン、中立ゾーン、下落ゾーンは無視します)

どのゾーンに入ると上昇してくるのか、下落してくるのかを判断するかを
サポート・レジスタンスラインを基本にしつつ、ゾーンで分けると戦略を立てやすくなります。

 

smallsmallzone

チャート3

さらにズームインして小さく見ていくとさらに中立ゾーン(グリーン)が見えてきます。
実際にはここまで見ないで1つ下の時間軸である4時間足でゾーンを判断していけば良いですが
4時間足で中立ゾーンに入った後に4時間足の下落ゾーンに入ればスキャル目的で数十pipsを狙え
意図的にリスクが低くなる戦略をとることができます。

初心者には難しいのでまずはこのゾーンを見分けることが最初になりますが
利益になるトレードが毎月できるようになった人は戦略の幅を広げるために
少しずつ取り入れるようにしてみてください。

 

日足、4時間足、1時間足(30分足)で分析する

これらを日足、4時間足、1時間足または30分足で行い戦略を立てていきます。
(月足や週足も忘れずにやります)

とはいえ今回のように細かくやるとなれないうちは頭が混乱するので
チャート1、チャート2までは確実にゾーン分けし、4時間足でゾーン分け(大視点、小視点)し、
1時間足(または30分足)でゾーン分け(大視点、小視点)で総合的に戦略を立ててください。

あくまでゾーンで判断していくので、日足で下落ゾーン、4時間足で下落ゾーンの時に
1時間足で下落ゾーンに入ったらショート戦略をとるといったようにシンプルに考えてください。
ゾーンは目安の1つで目線を固定するためだけに使うので、細かいエントリーは冒頭のラインを
終値で越えるか抜けるかでトレードするようにします。

言葉やイメージだけではなかなか難しい部分があるので、ゾーン分けを数え切れないくらいやり
コツを体と頭に植え付けるように地道にコツコツと手を動かして練習してください。
※チャートはローソク足のみでやってください

これを手を動かしてやるか、やらないかで全然チャートの見方が違いますし
ゾーン分けしたものをプリントアウトし、常に見続けて考えていくことでも変わります。

少しでも今の自分からステップアップしたい人、壁にぶつかっている人は
毎日少しずつでもいいのでやってみましょう。

自分の手を動かさずにできるようにはならないし、地道なことに多くの時間を使えない人は
自分が望む成果を出すことは決してありません。

FXを本気でやり、資産形成したいならやるべきこととやらないことの区別をし
無駄な情報を取り入れずに、SNSやテレビなど見ないで自分の未来のために行動しましょう!

ROSE FX5バートレード販売スタート!

 

WEB、スマホで更新情報をプッシュ通知で受け取る→

スマホへは「Push7」アプリをダウンロード後に、ROSE FXの購読ページから購読してください。

-ROSE FX経験談, トレード編
-, , , , ,

Copyright© ROSE FX , 2018 AllRights Reserved.