トレード戦略(日) 注目通貨ペア

NZDJPY、NZDCAD、NZDUSD、EURCAD、EURJPY、EURUSDに注目

投稿日:

NZドルのボラティリティ、動きが強くなったのは
マクダーモットRBNZ(NZ準備銀行)総裁補佐が「金融政策の一段の緩和は必要である」と
発言したことでNZドルがこれからメインに動きそうな感じになってきました。

豪ドルもそれに合わせたように下落しているので、この2通貨ペアの動きに注目です。
ボラティリティ推移を見てもNZドル、豪ドルが大きくなっていますが
豪ドルよりもNZドルを見ていくようにします。

また、ボラティリティが収まっているユーロ、ドル、ポンド、スイスの動きだし、
円の全面安の動きにも注目していきます。

 

注目通貨ペアテクニカル分析

NZDJPY

1011nzdjpy

日足は雲の下限に迫りました。
ここを抜けてくると日足から動きやすい通貨ペアになるため
下位足もしっかりとした動きや動きやすさ、トレンドも出やすくなります。

 

4時間足では雲を抜けてあとは遅行線が雲を抜けるかどうかです。
遅行線が抜けるまでは73.28付近までの下落に収まり、戻りが入りやすくなります。

最終ターゲットは72.634のため、今日の動きで73.032付近までいくのか
73.67付近まで戻してくるのかに注目です。

 

1時間足を見るとはらみ足を抜けてきたことで戻りが入りやすくなっています。
しかしさらにはらみ足になったことで下に抜けてくると73.28付近で止まって
はらみ足のセオリーで戻していき、73.50-57付近までで下落するのか
73.67付近まで戻りの上昇が入ってから下落していくシナリオを用意します。

 

NZDCAD

1011nzdcad

雲の中を推移し一度は抜けてきましたが、今はやや戻しています。
遅行線が弱気になっていますが雲の上にあるので戻りの可能性があります。
終値ベースのサポートラインで止まっているので戻してくるには良いタイミングとプライスです。

 

4時間足はしっかりとした動きになりやすい条件がすべて揃っているので
戻り売りを狙うことになります。戻りがなく下落してくれば0.92895付近を目指しますが
図のようにトライアングル抜けからのトライアングル下限にぶつかる戻りからの下落で
トライアングルの値幅(長方形)分を到達しているので戻りが入ることを示唆しています。

 

1時間足を見ると下落してもストキャスティクスが反応していないので
戻りの可能性も出てきています。0.93570付近を目安に戻りの上昇が出てくるかに注目し
0.93570-692で上昇が止まるかがポイントです。
候補としてはここが戻り売りポイントですが、終値で越えてくるような動きになると
0.93880付近を目指していきます。

 

NZDUSD

1011nzdusd

日足は雲抜けからの下落ですが、遅行線が雲の中で推移しているので
下位足を見てからになりますが下落は限定的になりそうです。
日足から下落が強い状態になっているので基本は戻り売り戦略です。
このまま一気に下落してきても0.70000付近で一度は止まります。

 

4時間足は三尊天井になっているので(黄色三角参照)最終ターゲットは0.69227付近です。
意識されているラインとフィボナッチリトレイスメントの-50%が重なっているので
戻してくるには十分なタイミングです。戻らずに下落してくると0.70300付近や
0.70038付近が目安になります。

 

1時間足ははらみ足を下に抜けてきましたので動きやすい状態に戻ったので
0.71090付近まで戻してくるかに注目です。
4時間足と1時間足は強い下落傾向なので戻り売り戦略となり
山(トップ)を作ってくる動きに注目していきます。

下位足で上昇する動きを狙うこともできますが、フィボナッチファン23.6%を越えるまでは
下落しやすい動きが続くことを前提にしておきます。終値で越えて戻りがサポートされれば
0.70940付近まで上昇してきそうです。

 

EURCAD

1011eurcad

日足は窓を埋めきれずに下落してきています。
見る限りでは三尊天井のなりかけですが、1.46121を抜けないと確定しないので
それまでは戻してくる可能性が十分あります。

流れ的にも強い上昇傾向なので窓を埋めるような上昇に注目しつつ
1.46121を抜けて1.45359-564付近を目指す動きにも注目していきます。

 

4時間足は強い下落傾向になっているので1.47227を終値で越えられるかどうかが
上昇の鍵になります。ダイバージェンスにもなっているので、はらみ足を下に抜けると
1.46121付近を目指していきますが、1.46502を終値で抜けなければ戻されやすくなります。

 

1時間足はストキャスティクスが上昇トレンドなので、1.46508を抜けてきても
ダウントレンドにならなかったり、ダウントレンドになっても反応が鈍いと
1.46910付近まで戻るような動きになりそうです。

今後1.46958-1.47107を終値で越えれば1.47717付近を目指しますが
それまでに雲に跳ね返されるような動きも想定しておきます。

 

EURJPY

1011eurjpy

日足は雲の上限で抑えられています。(16時時点)
このままいくと強く意識されているラインを終値で越えることができなくなり
下落の力が強くなっていきます。

雲の下限である114.50付近、114.40付近のサポートラインをターゲットにした
下落につながっていくかに注目です。

 

4時間足を見ると115.722を終値で越えることを失敗し、包み足になるのは確定なので
下落しやすい形が続きやすくなります。まずは115.00付近を目指していき
終値で抜けてくると114.60付近を最終ターゲットにしていきます。

しかし、まだ強い下落にはなりづらいので114.88付近までで一度下落が止まり
戻してくる可能性もあることには注意します。

 

1時間足は終値ベースで意識されているラインで山(トップ)を作って反転し
ダイバージェンスにもなっているので、遅行線が弱気になれば下落の力が増します。

114.352-347を終値で抜けてくると下落の力が強くなりますが
終値で抜けなければ雲のの上限の115.66付近をターゲットにしていきます。

115.790を終値で越えてくれば116.10-127付近を目指していきそうですが
それには115.941を終値で越えていく必要があります。
115.790が強く意識される節目なので、ここを終値で越えない限りは
115.04-115.79のレンジになることも想定しておきます。

 

EURUSD

1011eurusd

日足の実価格は雲を抜けていますが、遅行線が雲の中なので
まだ強い下落にはなりづらいです。しかしストキャスティクスと実価格の関係から
下落の力が強まっていますが、1.10854付近までで下落が止まりそうです。
その場合は、そのあとの戻りが1.11500-591で止まって反転してきた時に
下落の力が強く作用します。

それまでは下落しても1.10854付近、もしくは1.10543付近を目安に考えておきます。

 

4時間足でも実価格とストキャスティクスの関係から下落が強まっているので
1.11043を抜けてきたら1.10705付近を目指してきそうです。

しかし赤四角の部分が三尊天井としてみると最終ターゲットは
1.10848となるので日足の下落の目安と重なるのでポイントになりそうです。

1.11043がサポートとして機能して反発してきたら1.11408-674を目指し
このゾーンを終値で越えられずに反転してきたら下落の形になっていくかを
注意深く見ていくようにします。

 

1時間足は強い下落傾向になっているので下目線で入られます。
4時間足や日足の状態からもみ合いに入るか、戻してくる可能性もあるだけに下落を狙いづらいです。

戻してきた時に1.11196を終値で越えてくると戻りやすい雰囲気になるため
終値で越えてきたら1.11370付近まで戻していくことを考えていきます。

 

 

WEB、スマホで更新情報をプッシュ通知で受け取る→

スマホへは「Push7」アプリをダウンロード後に、ROSE FXの購読ページから購読してください。

■手法と戦略レポート2種類プレゼント中! ■

現在【208名】がタイアップキャンペーンに申し込み中です!

ROSE FX手法と戦略の立て方レポートを特典でプレゼントしています。このレポートを学びながら本サイトの内容を実践していくことで自分が望む目標が手に入りやすくなります。

1,000通貨から取引できるデューカスコピー・ジャパンで長期的な視点に立った資産運用、
また節税対策(外付け手数料の経費計上)をしていきましょう。 メイン口座にしている理由

キャンペーン概要はこのバナー(画像)をクリック!↓
デューカスコピー・ジャパン

※上の画像か青文字部分をクリックするとタイアップキャンペーンページへ移動します。
 必ず当サイトのバナー画像や文字リンクからキャンペーンページへ入り、
口座開設されてください。それ以外は無効になります。

デューカスコピー・ジャパンのスペック表
チャートシステム JForex (ECN取引)
ワンクリック取引可
トレール注文可
リアルタイムニュース受取可
ポイント&フィギュア表示可
かぎ足チャート表示可
ティックチャート(ティック数変更可)
180以上のインディケーター
レバレッジ 個人:25倍
法人:通貨ペア毎・為替リスク想定比率により変動(2/27より)
通貨ペア数 48通貨ペア
最低取引単位 1,000通貨〜
スプレッド
(変動制)
9/23~9/29
ドル円 0.2~0.7
豪ドル円 0.4~1.7
ユーロ円 0.4~1.4
ポンド円 0.9~2.9
ユーロドル 0.2~0.6
ポンドドル 0.5~1.6
外付け手数料
(ディスカウント方式)
10~35円
手数料20%キャッシュバックあり
高金利通貨ペア
買いスワップ
南アフリカランド円 16~17円
トルコリラ円 99~103円
クイック入金 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
ゆうちょ銀行
ジャパンネット銀行
住信SBIネット銀行
楽天銀行
その他 板情報あり
BID注文/OFFER注文
自動売買注文
HPの情報ツール豊富

デューカスコピー・ジャパン株式会社 記事一覧
口座開設手順
JForex・トレード本音レビュー
SWFXを徹底解説!
手数料20%キャッシュバック
JForexをROSE FX仕様にしよう!~ログインからチャート分割まで~
JForexをROSE FX仕様にしよう!~インディケーター設定とワークスペース保存まで~
JForexの注文方法 ~成行注文、逆指値注文、トレール注文~
JForexのプライスボード・OHLC情報の編集
デューカスコピージャパンの情報ツールの使い方
RCI3本を表示させる方法
70ティックチャートの表示方法
新JForex使用感レポート①
新JForex使用感レポート②
新JForex使用感レポート③

■戦略記事をリアルタイムで受け取る方法■
<ブログ更新のメール通知&メールマガジン購読(無料)>
現在【896名】購読しています




※もし登録できないようでしたら「お問い合わせ」にメールアドレスを記載して送信してください。
こちらでメールアドレスを登録します。
※ 「rosefx.pw」のドメインを受信できる設定にしてください。docomo、ezweb、hotmailの方は届いていないことを確認しています。
登録できない旨を返信したいですが、全て戻ってきてしまい、返信できないのでご了承ください。

※ここ数日、Gmailを利用してメルマガ受信されている方は、迷惑メールフォルダに入ってしまっていることが多くなっています。
もしメルマガが届いていない場合は、「迷惑メールフォルダ」または「すべてのメール」を探してみてください。よろしくお願い致します。

デューカスコピー・ジャパン

-トレード戦略(日), 注目通貨ペア
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ROSE FX , 2017 AllRights Reserved.