ROSE FX流チャート読解

ROSE FXのトレード概念

更新日:

すでに2回、朝のトレードアイデアを書き始めました。

それで大体こんな感じでトレードを考えればいいのかな?と
思われた読者の方もいると思います。

そこで今回はROSE FXのトレードの基本概念をお伝えします。

ROSE FXトレード概念

日足と4時間足の関係

日足

トレードはデイトレードスタイルで日足を基準に見ていきます。

しかしここでは日足は、日足より短い時間足で
日足のトレンド、日足のストキャスティクスの位置関係で
トレンドが揃っていた場合、より短い時間足での反発はしにくく
そのまま勢いが継続するという観点のみで使います。

4時間足

トレンドを見極める肝!

ローソク足のプライスのトレンドも重要ですが
あわせてストキャスティクスのトレンドも重要です。

ここでいうトレンドとは、ストキャスティクスの平均線(黄)の
上下どちらかにあることを指します。

アップトレンド:ストキャスティクス(緑)>ストキャスティクス平均線(黄)
ダウントレンド:ストキャスティクス平均線(黄)>ストキャスティクス(緑)

上図のチャートの四角で囲っているものは、ダウントレンドということになります。

基本的にこの状態が確定した状態でトレンドを判断しますが
ストキャスティクス(緑)とストキャスティクス(黄)の境界で
行ったり来たりすることがあります。

その場合は確定している段階のトレンドを重視します。
もしトレンド変換が起きるのであれば、
30分足でダブルトップやダブルボトムを形成してから
トレードを計画するようにします。

※ブログでは執筆時に確定できないので予測として書いています。

エントリーの30分足

ここまで上位足のチャート状態を分析し
4時間足でトレンドを確認した後は
30分足で4時間足とトレンドが一緒になるのを待ちます。

この一緒になるタイミングで逆指値注文(エントリー)を出し
トレンドが同じ状態でトレードするのでリスクが小さくなり
なおかつ、比較的短時間で利益を大きくとることができます。

具体的には、ローソク足が表示されているチャートでのトレンドラインと
ストキャスティクス(緑)のトレンドラインを両方引いて
トレンドラインを両方抜けた(ブレイク)するタイミングです。

上図のチャートではで囲ってある部分です。

利益ターゲットは前回の値幅分(チャートでは黄色の線2つ)、
ダブルトップ・ダブルボトムならその値幅分。
サポートラインまで、レジスタンスラインまで。

これは状況によってどちらかを選択することになるので
毎朝更新するチャートでどのパターンのときに
どれを選択するかでコツを掴んでください。

エントリーのポイントも状況によって変わることがあるので
毎朝のポイントを見てコツを掴んでください。

意外に簡単で、すぐ気がつくと思います。

 

まとめ

4時間足と30分足のトレンドが揃うときに
トレードを行うことがリスクを最小限に、利益を得られる
タイミングであることに間違いありません。

そのタイミングがいつ起きるのかはわかりませんが
少なくとも30分おきにチャートでエントリー状態を確認する、
4時間ごとにトレンドをチェックすることで
比較的シンプルで容易に分かるようになります。

エントリーできる状態かそうでないかは
1分で確認できるので、エントリーできなければ
30分はチャートを見ずに他のことに集中できます。

エントリーしてからも大きなトレンドと一緒の方向で
トレードしているので利益に繋がる確率も高くなり
チャートを見続けずに30分後のチャートをチェックしたら
利食いになっていることも多いです。

このブログではアジア時間でのトレードとしていますが
どの時間帯でもトレードできます。
それはこのトレード方法が本質的なものだからです。

時間足や分足、時間帯でトレードができなくなるような手法は
独特な動きを狙う時間帯でのトレードを除き
いつかは通用しなくなります。

そうならないためにもシンプルな王道に沿ったトレードを
この手法を元に自分だけのものを確立していってください。

 

ROSE FX5バートレード販売スタート!

 

WEB、スマホで更新情報をプッシュ通知で受け取る→

スマホへは「Push7」アプリをダウンロード後に、ROSE FXの購読ページから購読してください。

-ROSE FX流チャート読解
-, , , , , ,

Copyright© ROSE FX , 2018 AllRights Reserved.