ROSE FX流チャート読解 ストキャスティクス ローソク足

マルチタイムフレーム(MTF)とストキャスティクスの不思議な相性

投稿日:

1月21日チャート

相場に限らず大きな視点から小さな視点に移すことは大切です。
小さい部分を見すぎると全体の流れが分からなくなり結果的に失敗することが多々あります。

投資では特にそうです。

大きな時間軸からのトレンドを見ていかないと利益を取り損ねたり、
損失ばかりが膨らむときがあります。大きな視点から見ていったとしても
損失になるときはなるので、そこは割り切って続けていくしかありません。

 

マルチタイムフレームの利点

マルチタイムフレームの利点は何といっても「トレンドにトレンドを重ねる」ことにあります。

例えば、日足のトレンドと4時間足のトレンドが同じだったら
そのトレンド方向のポジションを取れば、利益があがりやすく、
なおかつ短時間で稼げるからです。

もちろんどこでポジションを持つかによりますが・・・

 

マルチタイムフレームのデメリット

どの時間軸まで合わせて行けばいいかわからない、ということを前ブログからよく聞きました。

これは短い時間軸を使っている場合が多いからなのですが、元ディーラーさんによると
ディーラーなどの大きなポジションを扱う人は、30分足以下を見ることはなかったということです。

もちろん例外はあるでしょうが、大きなポジションを持つ人は
その分の反対のポジションが市場オーダーになければ成立しないので(相対取引だから)
その分だけ価格がぶれるからです。

そう考えると上位足から30分足までのトレンドを把握する形になり
僕が好んでいるのはブログでも書いているとおり、日足→4時間足→30分足です。
もしくは日足→4時間足→1時間足です。

これは人によって違うので自分がしっくりしたのを使うべきです。
あくまでもこのブログではそう書いているだけなので
このブログから何かを掴んで自分だけのものを作り上げていくようにします。

 

ストキャスティクスの役割

ここまででマルチタイムフレーム(MTF)の利点が理解できたと思います。

では次にストキャスティクスをなぜ使うのかについてです。

オシレーターなら何でもいいので好きなものを使っていいので
読者の方がいつも使っているオシレーターを頭の中で入れ替えて
以下の話を読んでいってください。

まず、僕はオシレーターというのは、
価格の変動を表したローソク足、バーチャート、ラインチャートなどを
別の視点から見ているものだと位置づけています。

表の世界から見えない部分がオシレーターでは見えている。
そんな感じをイメージしてください。
参照:チャートの捉え方はカレーの作り方に例えてみると簡単にわかる!

で、この見えない部分が見えているオシレーターとはなんだろうか?
と考えたときに、見えていない部分とは見えない価格の変動ではないか?
今見ているオシレーターの時間軸より下の変化を表しているのではないかという
仮定の下にオシレーターを考えました。

さらに、ある時間軸のオシレーターのトレンドを判別するために
オシレーターの平均を表示させて、どの期間がメインの時間足より下の
時間足のトレンドを完璧にとは言わないまでも、正確に見分けられるかを検証して見つけました。

その結果が今のストキャスティクスの設定になります。

 

まとめ

ROSE FXのトレードでは4時間足をメインの時間軸として
ローソク足のトレンド、ストキャスティクスのトレンドを判別してから
30分足のトレンドが4時間足と一緒になったときにトレードします。

30分足では、4時間足のトレンドと逆行しているタイミングで
トレードを計画し、反転するポイントでエントリー注文を出します。

こうすることで4時間足のトレンドと一致した瞬間に有利なポジションを
とることができるので精神的にも有益です。

あとは利食いの問題だけですが、利食いは永遠のテーマでありますし
それはディーラーでも同じです。チャートから得られた情報で欲張らずに無難に持ち帰り
後は気にしないほうがいいです。気にすると次のトレードに影響するので、
基本的に1日1~2トレードを目安にトレードしていきましょう!

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2016

WEB、スマホで更新情報をプッシュ通知で受け取る→

スマホへは「Push7」アプリをダウンロード後に、ROSE FXの購読ページから購読してください。


■手法と戦略レポート2種類プレゼント中! ■

現在【141名】がタイアップキャンペーンに申し込み中です!

ROSE FX手法と戦略の立て方レポートを特典でプレゼントしています。このレポートを学びながら本サイトの内容を実践していくことで自分が望む目標が手に入りやすくなります。

1,000通貨から取引できるデューカスコピー・ジャパンで長期的な視点に立った資産運用、 また節税対策(外付け手数料の経費計上)をしていきましょう。

キャンペーン概要はこのバナー(画像)をクリック!↓ デューカスコピー・ジャパン

このタイアップ企画で口座開設した方が継続的にトレードしていただけると、
ROSE FXが追加案で出したことが実現でき、トレーダーの皆様にとって有益なものを提供できるかもしれません。一人でも多くのお申し込みをお待ちしております。

※上の画像か青文字部分をクリックするとタイアップキャンペーンページへ移動します。
 必ず当サイトのバナー画像や文字リンクからキャンペーンページへ入り、
 口座開設されてください。それ以外は無効になります。

デューカスコピー・ジャパン
チャートシステム JForex (ECN取引)
ワンクリック取引可
トレール注文可
リアルタイムニュース受取可
ポイント&フィギュア表示可
かぎ足チャート表示可
ティックチャート(ティック数変更可)
180以上のインディケーター
レバレッジ 個人25倍
法人100倍
ともに一部通貨ペア10倍
通貨ペア数 48通貨ペア
最低取引単位 1,000通貨〜
スプレッド
(変動制)
0.1pips~
ドル円 0.1pips~
豪ドル円 0.5pips~
ユーロ円 0.3pips~
ポンド円 1pips~
ユーロドル 0.1pips~
ポンドドル 0.7pips~
外付け手数料
(ディスカウント方式)
18~35円
手数料20%キャッシュバックあり
高金利通貨ペア
スワップ
南アフリカランド円 17円
トルコリラ円 85円
クイック入金 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
ゆうちょ銀行
ジャパンネット銀行
住信SBIネット銀行
楽天銀行
その他  板情報あり
BID注文/OFFER注文
自動売買注文
HPの情報ツール豊富

デューカスコピー・ジャパン株式会社 記事一覧
口座開設手順
JForex・トレード本音レビュー
SWFXを徹底解説!
手数料20%キャッシュバック
JForexをROSE FX仕様にしよう!~ログインからチャート分割まで~
JForexをROSE FX仕様にしよう!~インディケーター設定とワークスペース保存まで~
JForexの注文方法 ~成行注文、逆指値注文、トレール注文~
JForexのプライスボード・OHLC情報の編集
デューカスコピージャパンの情報ツールの使い方
RCI3本を表示させる方法
70ティックチャートの表示方法
新JForex使用感レポート①
新JForex使用感レポート②
新JForex使用感レポート③

 

■戦略記事をリアルタイムで受け取る方法■
<ブログ更新のメール通知&メールマガジン購読(無料)> 
現在【896名】購読しています


※もし登録できないようでしたら「お問い合わせ」にメールアドレスを記載して送信してください。
こちらでメールアドレスを登録します。
※ 「rosefx.pw」のドメインを受信できる設定にしてください。docomo、ezweb、hotmailの方は届いていないことを確認しています。
登録できない旨を返信したいですが、全て戻ってきてしまい、返信できないのでご了承ください。
※ここ数日、Gmailを利用してメルマガ受信されている方は、迷惑メールフォルダに入ってしまっていることが多くなっています。
もしメルマガが届いていない場合は、「迷惑メールフォルダ」または「すべてのメール」を探してみてください。よろしくお願い致します。

デューカスコピー・ジャパン

 

-ROSE FX流チャート読解, ストキャスティクス, ローソク足
-, , , , , , ,

Copyright© ROSE FX 〜デューカスコピー・ジャパンのJForexで賢く資産運用!〜 , 2016 AllRights Reserved.