FXコラム

仕組まれたロンドン午後4時?!規制後の急変動減少が意図的操作の証拠

更新日:

ロンドン午後4時為替操作

【ロンドン午後4時前の為替相場急変動減少-操作疑惑調査進む】
記事元:Bloomberg.co.jp

「外国為替指標レートをディーラーが操作-顧客の注文を先取り」
急激な為替変動がある時間帯で起き、インスタントメッセージなどで
トレーダー同士の意図的な取引があったのではないかという記事の追記事。

ブルームバーグによると

「2011年7月~13年6月まで、
 通貨の14の組み合わせで0.2%の上昇が31%の確率で起きていた」

とあります。
31%の確率って異常に高い。

この調査では2年間に限定されていますが、過去10年に渡って
日々行われていたという証言もあるので、ひどい話です。

急激な変動自体は珍しくもありませんが
意図的な操作で動かされたとなれば話は別。

31%の確率で起きていたのであれば、20取引日/月とすると
6日間はあるわけで、週1回は操作されていた計算になります。
連日のときもありそうなので損した人も多かったはず。

普段、僕はこの時間はトレードせずに寝ているので
影響は全くありませんでしたが、通貨の組み合わせを発表していないところをみると
主要通貨ペアはもちろん、投機的なポンドの通貨ペアは狙われていそうです。

その後、規制が行われ13年7月~12月には10%に低下したと記事にあるので
意図的な取引があった証拠が揃っています。

でも、異なる機関同士で持ちつ持たれつみたいなことはあるだろうし
このようなことは永遠になくならないでしょう。

もっと巧妙化して、今話題の消える写真アプリSnapchat(スナップチャット)
メモを写真に撮り送る・・・なんてこともありえそうです。
本当にあったら笑えない話ですが。。。

ここまでいくとプライバシーの問題とか入ってくるわけで
捜査令状云々ということになるので調査の時間も労力もかかりそう。

最終的な結論として、一般の小規模なトレーダーは
この時間帯はトレードしない、が無難です。

 

ROSE FX5バートレード販売スタート!

 

WEB、スマホで更新情報をプッシュ通知で受け取る→

スマホへは「Push7」アプリをダウンロード後に、ROSE FXの購読ページから購読してください。

-FXコラム
-, ,

Copyright© ROSE FX , 2018 AllRights Reserved.