FXコラム

FXトレードにおける端的に見ることの危険性

投稿日:

FXに限らず、投資全般に言えることですが、基本中の基本は大きな時間足から見ていくことです。

年足、月足、週足、日足、4時間足・・・

 

このブログでも日足からアップしているのはそのためであり
各足の戦略を統合して最終的に30分足でトレードするスタイルですが
それを理解していなくて、いろいろなことを言ってくる人が最近増えてきています。

 

■記事は参考程度に、まずは自分の戦略ありき

戦略ありき

そもそもこのサイトの記事は、まず最初に読者の方の戦略ありきで
参考程度に記事を読んでもらえることを前提に書いています。
これは常々言っていることですが、まず自分の頭で考えてからでないと
トレードで損しようが、利益を出そうが何も学べなくなります。

ただの運任せのトレードなので、いずれは大きな損失を抱え退場します。
これは人の言うことを聞かない人は絶対におきることなので、
もしハッとして気づいたなら直そうと意識してください。
(でも、本当に人の言うことを聞かない人は、経験上、これを読んでも自分事として思えない)

 

■上位足の戦略はメモしてPCに貼付ける

戦略メモ

上位足の戦略を立てても忘れてしまうことがよくありますが
忘れないようにメモを書いてPCの前に貼っておくことをおすすめします。

ついつい自分がトレードする足のみに集中してしまい、その足だけで戦略を立てていってしまいますが
本来は大きな時間軸から動いていくものなので(トレンド反転時は下位足から)
上位足の動きや戦略を忘れると、突発的に動いたときにどこまで動いていく可能性があるかを
判断できずに無理な逆張りを繰り返します。

でも上位足の動きをメモしてして、それを元に戦略をトータル的に考えることが出来れば
全く問題なく突発的な動きに対処できるので、無駄なトレードは少なくなります。

 

■3Mの地獄

待てない、負ける、間違う

30分足以上なら、まだ冷静さを保てますが、5分足以下を見ている場合
近視眼的になると完全に振り回されるので、待てない、負ける、間違うという3Mの地獄にはまります。

こうなると熱くなって傷口を広げるしかなくなるので、
自分で自分の感情に気づいて上げられるように、日々、自分の感情を感じ取れるようにしていきましょう。

感情のコントロールが、行動をコントロールします。

 

■自分の感情に気づく方法

自分の感情に気づく

怒っているなら怒っている原因を探ってみる、
ハラハラしていて心配しているなら、その原因になったことを思い出す。

たいてい不安や怒りなどの原因は、自分がやったことの中にあります。
トレードの場合はやらなかった後悔から崩れていくことが多いので
そのことも探っていきます。

問題は怒りの状態でも、それができるかということ。

結論から言うと、【出来る】しかないのですが、
最初は難しいかもしれません。

だから、なるべく自分の怒りを生まない方法をあらかじめ作っておくことです。

 

例えば、損をしてしまって怒りを感じるのであれば、
損失そのものに対して怒りを感じているのか、
損失で減っていく証拠金に対して怒りを感じているのか
損失をだした自分の行動に対して怒りを感じているのか
損失になった考えや戦略そのものに対して怒りを感じているのか

 

このように怒りの原因はたくさん出てきます。

この中から自分の原因、時には複数あるのであれば
それが起きないように防ぐにはどうしたら良いかを考えて行動すればいいだけです。

急に最初からそうなることは不可能なので、その感情になる頻度を少なくすることを
意識していくことです。

 

■まとめ

相場は全ての時間的な流れと価格の動きで作られます。

大きな時間軸から立てた戦略を基本に各下位足の戦略を立てていき、
最終的に自分のトレードスタイルに合わせた時間足(分足)の戦略を立てて
トータルでトレード戦略を組み立てることです。

これがあって初めてトレードという行動をとるので、
最初からトレードありきで考えないことです。

まずはトレードしないことから考え、トレードできる環境か認識し
トレードするようにしましょう。

 

 

WEB、スマホで更新情報をプッシュ通知で受け取る→

スマホへは「Push7」アプリをダウンロード後に、ROSE FXの購読ページから購読してください。

-FXコラム
-, , ,

Copyright© ROSE FX , 2018 AllRights Reserved.