FXコラム

「10000時間の法則」はFXに通用するのか

更新日:

最近、世間では10000時間の法則というものが流行っています。

10000時間の法則とは、成功するのにかかる練習の時間ですが
少しこの部分が過大評価されているので正しいことをお伝えします。

まず、10000時間の法則はルールがほとんど変わらないことが
前提となっているため、ルールがなかったり、変化の激しい環境では
一切通用しません。

演奏者やテニス、野球、サッカー、ゴルフなど多少のルール変更はありますが
存在そのものを変えてしまうようなルール変更はありません。

このように決まったルールの中では練習量に比例して技術が上がり
経験を積むことによってゴールが明確の場合に限り通用するのが
10000時間の法則です

では、10000時間の法則が通用しないのはどのようなものか。
いわずもなが、ビジネスです。

ビジネスにはルールがありません。

そのため、1つのアイデアや製品がバーン!と出てきて大ヒットを
する可能性があります。

反対に今まで業界トップを引っ張ってきた企業が、トップから落ち
時代に乗り遅れて倒産することもあるのです。

ビジネスでは10000時間勉強や経験をしようが関係なく
半分の時間で莫大な利益と認知度を得ることもありうるのです。

10000時間の法則

では、FXはどうか。

FXは基本的にルールは変わりません。
レバレッジなどは変化があっても、注文方法やチャートの表示の仕方が
いきなり変わることはありません。

ということは、FXにも10000時間の法則は一応は通用するわけです。

一応・・・と言っているのはなぜか。

それはルールはありますが、その実体はお金の動きがダイレクトに関係するので
そこにはビジネスと同じ要素が加わります。

実際、FXで成功している人は経営者要素を必ず持っていて
投資は経営と同じと考えています。

つまりサラリーをもらっているサラリーマンとは思考回路が違い
そこには自分で稼ぐ、稼がないとマイナスかゼロのままであることを
きちんと理解しています。

この意識があるからこそ成功に近づけるのであり(各々の成功基準ということ)
10000時間+経営者要素が成功の条件となります。

FXでの10000時間の内容は

・リアルトレード
・取引履歴分析
・リアルタイムにチャートを見ている時間
・リアルタイムチャート分析

この4つが揃っての10000時間

デモでなくリアルで、リアルタイムで値動きを追う。
フォレックステスターでもいいですが、その時間は含めずに
絶対にリアルタイムで実資金で10000時間。

そこまでしないと本当にセンスのある1%以下の人は
FXや投資で稼ぐことはできません。

この10000時間が自分が試されている時間ですので
それがいやならFXや投資はやめましょう。

 

 

 

 

ROSE FX5バートレード販売スタート!

 

WEB、スマホで更新情報をプッシュ通知で受け取る→

スマホへは「Push7」アプリをダウンロード後に、ROSE FXの購読ページから購読してください。

-FXコラム
-, , ,

Copyright© ROSE FX , 2018 AllRights Reserved.