ROSE FX流チャート読解 ローソク足

FX初心者〜専業まで大切にしたい値動きの基本「3バースタイル」

更新日:

FX 山と谷

 

 

上図は期間限定で開設していたブログで使っていたものです。

為替の値動きはテクニカル以前に、1つ1つの値動きを見ることから始まります。

その中で、山と谷、つまり天井と底を見極めるために
知らなくてはいけないことが、この3バーです。

3バーは3種類あります。

・基本の3バー
・はらみの3バー
・包みの3バー

 

基本の3バー

これは一般に良く見られるパターンで簡単に見分けられます。

1本目より2本目が安値も高値も高いときに
3本目が2本目の安値を抜いたときです。(点線部分)

これで1つの山が完成します。これがあって初めてその動きが頂点をつけた、と言えます。

もちろん、ここからさらに上昇することもあるので完全な山とは言えないときもありますが
これが基本的な山の形状です。

谷はその逆に1本目より2本目が高値も安値も低いときに
3本目が2本目の高値を抜いたときです。(点線部分)

 

はらみの3バー

ここからが見分け方で戸惑うか見落としてしまう
1本目と2本目の間にはらみ足となった場合です。

基本的にはらみ足ははらんでいる元の部分しか重要でないので
元の部分の値幅に収まっているローソク足は無視します。

なので、それ以外が基本の3バーと同じ読み取り方でいきます。

 

包み足の3バー

包み足の3バーは読み取り方を間違えることが多く
注意したいパターンです。

基本的な読み取り方は同じですが、直前の流れを見極めてから
考えないと数え間違えるので、慣れるまでは時間がかかります。

私自身も結構間違えることがあるので、いつも注意しています。

 

これらがチャートの値動きの山と谷の見分け方です。

この3バースタイルが決まることで、一つの流れが終わることを意味し
利食いが入ってくるのか、さらにトレンドの方向に向かっていくのかを
判断できる材料となります。

 

次の記事ではこの山と谷を使った、いつもブログに書いている
「トレンド転換」についてを解説していきます。

これが分かれば移動平均線やテクニカルなど使う必要も
使おうとも思わなくなります。

 

 

 

 

WEB、スマホで更新情報をプッシュ通知で受け取る→

スマホへは「Push7」アプリをダウンロード後に、ROSE FXの購読ページから購読してください。

-ROSE FX流チャート読解, ローソク足
-, ,

Copyright© ROSE FX , 2018 AllRights Reserved.