ファンダメンタルズ

米利上げ見送りでインパクトはなかったが、米国経済の底堅さは年内利上げの可能性を残したFOMC【ファンダメンタル分析】

投稿日:

日本時間の深夜に発表されたFOMC(連邦公開市場委員会)は
特にインパクトはなく、市場の予想通りの結果だったため、
ドルは上下を繰り返すだけで元の動きに収まりました。

usdjpy0428

usd

デューカスコピー・ジャパン JForexチャート

これまでの地区連銀総裁の発言とほぼ同じ内容であり
市場はある程度は織り込んでいたようです。

 

米連邦準備理事会(FRB)は27日まで開催した連邦公開市場委員会(FOMC)でフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0.25━0.50%に据え置くことを決定し、追加利上げは見送った。

据え置きは予想通り。FRBは経済見通しに対する信頼感を表明し、6月に利上げを実施する可能性に道を残した格好となったものの、声明では利上げは急がないとの姿勢も示した。

FRBはFOMC声明で、このところの景気鈍化にもかかわらず労働市場は一段と改善したとの認識を表明。「委員会はインフレ指標、世界経済、および金融動向を引き続き注意深く監視する」とした。ただ「リスクをもたらす(pose risks)」との文言は今回の声明から削除された。

家計支出の伸びは緩やかになったものの家計の実質所得は「底堅く増加(solid rate)」したと指摘。消費者心理は引き続き堅調に推移しているとの認識を示した。

物価動向については、「エネルギー価格のそれまでの下落を部分的な原因としてインフレ率は短期的に低いままで推移すると見込まれる(inflation is expected to remain low in the near term)」としながらも、中期的にはFRBが目標とする2%に向け上昇していくと引き続き確信しているとした。

米国では雇用が力強く増加し失業率は4.9%に低下したものの、FRB当局者はこれまでも国内の物価上昇圧力が弱いことに加え、世界経済をめぐる先行き不透明性が出ていることで、利上げには慎重に対処するとの姿勢を示してきた。

今回のFOMCではカンザスシティー地区連銀のジョージ総裁が2回連続で反対票を投じた。

FOMCの発表を受け、米株式市場は小幅上昇した。ドルは主要通貨に対してほぼ変わらず。米長期国債の価格は上昇した。

市場では、次回の利上げは9月になるとの見方が引き続き織り込まれている。それに続く12月までの追加利上げの確率は50%以下となっている。

CMEのフェドウォッチによると、6月の利上げの確率は23%と、FOMC発表前の21%から上昇した。
(via:米FRB、利上げ見送り 引き締め急がない姿勢示す

6月の利上げ期待は残していますが、多分しないと個人的に思います。
世界経済に不透明感がある(通常は常にありますが、全体的にリスクが高いのが現状)うちは
アメリカが利上げすると新興国への影響が強くなり、新興国の景気が悪くなることで
新興国へ投資している人たちも打撃を受けたり、投資資金を回収して米ドルに変えたりするので
新興国の影響は強くなります。

なので、うかつなタイミングで利上げはできないので、利上げという武器をチラつかせて
米ドルのテクニカルに沿った動きで上下させ(緩やかなドル高を目指していく)
アメリカの株価上昇も緩やかにすることで景気回復を狙うことが考えられます。

 

今日のBOJ、黒田日銀総裁の発言には期待しないほうが良い

こうなってくると今日のBOJと正午ごろの黒田日銀総裁の発言は
あまり期待しないほうが良いことになります。

アメリカは利上げしませんでしたが、失業率低下、所得の緩やかな上昇による
今後の物価上昇への見通しが明るい方向になることなど利上げへの可能性を残したことで
米ドルが上昇する空気を作りました。

こうなると黒田日銀総裁は特に焦らなくても円安になる可能性の方が高くなるため
円安誘導の手の内を見せる必要はなくなります。

会見中は上下変動が大きくありそうなので110.60-113.16の幅で動きそうですが
投資参加者が期待するようなことはないと思います。

 

usdjpy1weekデューカスコピージャパン

しかし週足を見るとまだ下落しやすい状態なので
今週末までに113.80付近、少なくとも112.56より上で週足を終わらせるために
期待感たっぷりの発言はすると考えられます。

113.80付近まで明日までに到達させれば、それだけで来週からは上昇していきやすい
雰囲気を作れるので、今日の日銀総裁の会見はここがポイントになります。

今週は下落を完全に一服させ、週明けの5月開始から円安が強くなる状態へ持っていき
115.50付近を目標値に上昇させる計画を日銀は立てているかに5月から注目していきます。

あくまでこれは今日の会見が始まるまでの見解なので、会見の内容によっては変わるものなので
会見後の動きが収まったところで戦略をテクニカルで立て直すことは言うまでもありません。


WEB、スマホで更新情報をプッシュ通知で受け取る→

スマホへは「Push7」アプリをダウンロード後に、ROSE FXの購読ページから購読してください。


■手法と戦略レポート2種類プレゼント中! ■

現在【196名】がタイアップキャンペーンに申し込み中です!

ROSE FX手法と戦略の立て方レポートを特典でプレゼントしています。このレポートを学びながら本サイトの内容を実践していくことで自分が望む目標が手に入りやすくなります。

1,000通貨から取引できるデューカスコピー・ジャパンで長期的な視点に立った資産運用、 また節税対策(外付け手数料の経費計上)をしていきましょう。 メイン口座にしている理由

キャンペーン概要はこのバナー(画像)をクリック!↓ デューカスコピー・ジャパン

※上の画像か青文字部分をクリックするとタイアップキャンペーンページへ移動します。
 必ず当サイトのバナー画像や文字リンクからキャンペーンページへ入り、
 口座開設されてください。それ以外は無効になります。

デューカスコピー・ジャパンのスペック表
チャートシステム JForex (ECN取引)
ワンクリック取引可
トレール注文可
リアルタイムニュース受取可
ポイント&フィギュア表示可
かぎ足チャート表示可
ティックチャート(ティック数変更可)
180以上のインディケーター
レバレッジ 個人:25倍
法人:通貨ペア毎・為替リスク想定比率により変動(2/27より)
通貨ペア数 48通貨ペア
最低取引単位 1,000通貨〜
スプレッド
(変動制)
2/4~10
ドル円 0.2~0.8
豪ドル円 0.7~1.5
ユーロ円 0.2~1.0
ポンド円 1.1~2.9
ユーロドル 0.1~0.5
ポンドドル 0.6~1.7
外付け手数料
(ディスカウント方式)
10~35円
手数料20%キャッシュバックあり
高金利通貨ペア
買いスワップ
南アフリカランド円 17円
トルコリラ円 85円
クイック入金 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
ゆうちょ銀行
ジャパンネット銀行
住信SBIネット銀行
楽天銀行
その他  板情報あり
BID注文/OFFER注文
自動売買注文
HPの情報ツール豊富

デューカスコピー・ジャパン株式会社 記事一覧
口座開設手順
JForex・トレード本音レビュー
SWFXを徹底解説!
手数料20%キャッシュバック
JForexをROSE FX仕様にしよう!~ログインからチャート分割まで~
JForexをROSE FX仕様にしよう!~インディケーター設定とワークスペース保存まで~
JForexの注文方法 ~成行注文、逆指値注文、トレール注文~
JForexのプライスボード・OHLC情報の編集
デューカスコピージャパンの情報ツールの使い方
RCI3本を表示させる方法
70ティックチャートの表示方法
新JForex使用感レポート①
新JForex使用感レポート②
新JForex使用感レポート③

 

■戦略記事をリアルタイムで受け取る方法■
<ブログ更新のメール通知&メールマガジン購読(無料)> 
現在【896名】購読しています


※もし登録できないようでしたら「お問い合わせ」にメールアドレスを記載して送信してください。
こちらでメールアドレスを登録します。
※ 「rosefx.pw」のドメインを受信できる設定にしてください。docomo、ezweb、hotmailの方は届いていないことを確認しています。
登録できない旨を返信したいですが、全て戻ってきてしまい、返信できないのでご了承ください。
※ここ数日、Gmailを利用してメルマガ受信されている方は、迷惑メールフォルダに入ってしまっていることが多くなっています。
もしメルマガが届いていない場合は、「迷惑メールフォルダ」または「すべてのメール」を探してみてください。よろしくお願い致します。

デューカスコピー・ジャパン

 

-ファンダメンタルズ
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© ROSE FX , 2017 AllRights Reserved.