ファンダメンタルズ

アメリカ利上げ後退の状態では、明確な円高阻止の一打が来ない限りは流れは変えられない【ファンダメンタル分析】

投稿日:

<お知らせ>

現在【50名】以上がタイアップキャンペーンで口座開設中です!

デューカスコピー・ジャパン
このタイアップ企画が好評で、口座開設した方が継続的にトレードしていただけると、
ROSE FXが追加案で出したことが実現でき、トレーダーの皆様にとって有益なものを提供できるかもしれません。一人でも多くのお申し込みをお待ちしております。

※上の画像か青文字部分をクリックするとタイアップキャンペーンページへ移動します。
 必ず当サイトのバナー画像や文字リンクからキャンペーンページへ入り、
 口座開設されてください。それ以外は無効になります。

>>【追加特典に向けて】口座開設1件以上/日&承認件数30人以上/月で本格交渉します!

口座開設者の連続は5日間で途切れましたが、この後の口座開設者の増加数次第では交渉できそうなので
引き続きよろしくお願いいたします。

ドル円は107円半ばまでで今のところは円高は止まっていますが
まだ明確な円高抑制の対応ができてないため、ポイントポイントでの利食いと
短期的な逆張り的な新規買いが入っています。

今朝の時点でも108.26付近まで上昇していますが、戻りは売られる展開で
下落の力が強いままです。

 

BNPパリバ(ニューヨーク)の通貨ストラテジスト、バシリ・セレブリアコフ氏は「市場はFRBの利上げ期待を織り込むことに全く気が進まないため、ドルが円に対して下げ続けている」と語り、ドル/円は重要な節目となる105円を試すだろうと見ている。

菅義偉官房長官は、主要20カ国・地域(G20)が「通貨の競争的な引き下げ回避」で合意したことは日本が介入できないという意味ではないなどと発言し、円高をけん制する姿勢を示した。

しかしセレブリアコフ氏は「市場は現行レベルで介入があると恐れていない。介入が実施されるとすれば、現実味が出てくるのは100円ちょうどだと大半の市場参加者が考えるだろう」と述べた。
(via:ドル、対円で小幅下落 米利上げ観測後退が重し=NY市場

今の動きを見ているとまだ107円台なら介入はしないだろうという雰囲気があります。
ですが日本要人の発言も気にしなければいけません。
本当に恐れているのは、他のトレーダーが一気に巻き返していく可能性ではないかと思います。

それに乗り遅れたトレーダーがババを引くわけで、目の前に大きな餌がありながらも
おっかなびっくりで行くに行けず、周りを見続けている感じです。

アメリカ利上げ後退、介入

米ダラス連銀のカプラン総裁は11日、米成長率の不可解な鈍化を理由に、4月の利上げを支持しないとの立場を示した。ただ6月の利上げの可能性は残ると述べた。

「1-3月(第1四半期)のGDPが弱いことは疑いない」とした上で、雇用の「堅実」な伸びを示す「雇用統計と恐らく合致しない」と指摘。しかし個人消費が伸びるとの自身の予測に基づき、今年の残る3四半期には成長は加速する可能性が高いと述べた。
(via:米ダラス連銀総裁:4月利上げは不要と弱い経済指標が示唆

 

こういった背景もあるため昨日のドル円の日足は十字線に近い形となったようです。
ゆえに昨日の日足の高値と安値のどちらかを抜けるとトレーダーの動きが決まりやすく
昨日の高値安値近辺にはストップ(損切り)と新規買い(高値より上)・新規売り(安値売り)が
大量にあるはずです。

今は神経質な動きで急な動きが多いので決着がつくまでは普通のトレーダーは様子見し
決着がついて流れができるタイミングでトレードする方がリスクは小さくなります。
前日の高値と安値付近での攻防に注視していくようにしましょう。

ROSE FX5バートレード販売スタート!

 

WEB、スマホで更新情報をプッシュ通知で受け取る→

スマホへは「Push7」アプリをダウンロード後に、ROSE FXの購読ページから購読してください。

-ファンダメンタルズ
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ROSE FX , 2018 AllRights Reserved.