トレード戦略(日) ドル円(USDJPY) ファンダメンタルズ 米ドル(USD)

30分足の下落しやすいエリアを維持してきたドル円。107円台を推移する可能性が高くなる。

更新日:

朝のドル円予測記事を更新した後に30分足の動きが108.32付近で反転し
107円台に再度突入しました。

usdjpy

 

 前週末のドル円は麻生財務相のけん制発言で切り返したが、「介入警戒感は薄く、麻生発言はショートカバーのきっかけに使われたに過ぎない」(FX業者)とみられる。米追加利上げの観測が後退する中、「ドル円は引き続き下げ基調にある」(大手邦銀)との見方が多く、早朝の買い戻しが一巡した後は「再び売られやすい地合いになるのではないか」(同)とされ、目先は105円前後までの下げが視野に入っている。

(via:〔東京外為〕ドル、108円台前半=早朝売られた後は買い戻し(11日午前9時)

今朝の時事通信の記事ですが、まさにその通りです。
どこのFX業者、大手邦銀かはわかりませんが、現に今はその通りの展開になっています。

ただ105円前後が視野には入っていますが、そう簡単にはいかない可能性もあります。
ドル円の週足と日足をじっくりと見ると分かりますが、107.50-66前後は何かしら
ありそうな雰囲気なのでここで切り返す可能性も十分考えられます。

しかしこれは今の時点であったとしてもショートカバー(売り手が決済のために反対売買すること)
であることは変わりなく、これらが変化していく最初のポイントが4時間足の108.455を
終値で越えることでありその流れに乗っかり、109.342(4時間足)を終値で越えてくれば、
今のような下落が少しは変化していくことになります。

それがいつ起きるのか、あるいは起きないかは今の動きを見極める目が必要であり
神経質な動きにいかに対応できるかです。この辺は値動きの本質がわかれば一般トレーダーはその通りに
トレードすればいいことです。それまでは大きな資金を動かす人たちや仕事上売買しなければいけない
人たちに任せて一般トレーダーは今はゆっくりと値動きの本質にあった動きまで待ちましょう。

 

ROSE FX5バートレード販売スタート!

 

WEB、スマホで更新情報をプッシュ通知で受け取る→

スマホへは「Push7」アプリをダウンロード後に、ROSE FXの購読ページから購読してください。

-トレード戦略(日), ドル円(USDJPY), ファンダメンタルズ, 米ドル(USD)
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ROSE FX , 2018 AllRights Reserved.