デューカスコピー・ジャパン株式会社 情報ツールの使い方

リアルタイムでボラティリティが丸見え!主要通貨ボラティリティ推移は迷った時の道しるべ[PR]

更新日:

一度に複数の通貨ペアを見てから旬な通貨ペアを取引したい。
でもノートパソコンだったり、画面が1つしかないからチャートが小さくしか表示できない。

そんな時こそ今日紹介する「主要通貨ボラティリティ推移」は優れもの!

一目で通貨と通貨のボラティリティがわかるので、このツールを最初に見て
その時々で旬な通過ペアを判断し、実際にチャートを見ていきます。
(実際にトレードするかはきちんと分析してから!)

主要通貨ボラティリティ推移の使い方

主要通貨ボラティリティ 円

図の真ん中にある通貨をそれぞれクリックすれば、通貨ごとにボラティリティが変化します。

左側は選択通貨に対して売られている、右側は選択通貨に対して買われています

赤と黄緑に左右に分かれますが、買われているものが棒グラフになっています
この時は円に対して他の通貨が売られているため、すべて赤になっています。(〜JPYが下落している)
これが円に対して他の通貨が買われていると緑になります。(〜JPYが上昇している)

実際、その時の30分足の様子が下のチャート画像です。
円に対して他の通貨が売られている結果、円買いとなるため下落しています。

クロス円

 

もう1つ例としてUSDをクリックしてUSDを見ると下図のようになります。

主要通貨ボラティリティ ドル

この時、ドルに対して円が買われているためドル円は下落していきます。(円高)
同じように見ていくと、米ドルに対して豪ドルは買われているため、AUDUSDは上昇していきます。

ドルに対してスイスフランは売られているのでUSDCHFは上昇していきます。

 

他の通貨でもそうですが、通貨ペアの左右が入れ替わるものがあるので
頭を切り替えながら慣れていってください。

 

最後に注意!

今回の「主要通貨ボラティリティ推移」は、あくまでその時点での通貨変動率です。

通貨ペアのトレンドを示しているわけではないため
各通貨ペアのチャート分析(3バー、ライン、ストキャスティクス、遅行線など)は
必ず、必ずしてから「主要通貨ボラティリティ推移」を使うようにしましょう。

ROSE FX5バートレード販売スタート!

 

WEB、スマホで更新情報をプッシュ通知で受け取る→

スマホへは「Push7」アプリをダウンロード後に、ROSE FXの購読ページから購読してください。

-デューカスコピー・ジャパン株式会社, 情報ツールの使い方
-, , ,

Copyright© ROSE FX , 2018 AllRights Reserved.