ROSE FX流チャート読解 ローソク足

ローソク足の意味と隠された攻防を見抜く2つの考え方

投稿日:

ローソク足というのは、ある一定時間後の値動きを表したものです。

例えば、14:00~05の5分間の値動きを知りたければ
5分足チャートの1つのローソク足を見るといった具合です。

14:00スタートの場合、価格の始まりを始値と呼び
14:05になった時点の価格の終わりを終値と呼びます。

また、この例でいくと5分足チャートで5分間の最大で動いた幅の
頂点を高値、底辺を安値と呼びます。

 

陽線

FX陽線

 

陽線は始値より終値が高く終えたときに成り立ちます。
始値~終値の色がついている部分を実体と呼び
この実体の大きさによって相場の状況を判断するときがあります。

安値と始値、高値と終値の間にある棒状のものはヒゲと呼ばれ
このヒゲの長さによっても相場の状況を判断するときがあります。

 

 陰線

FX陰線

陰線は始値より終値が安く終えたときに成り立ちます。
始値~終値の色がついている部分は陽線と同じ実体です。

安値と終値、高値と始値の間にある棒状のものはヒゲと呼ばれ
ひげの長さによっても相場の状況を判断するときがあります。

陽線、陰線ともに実体部分より上ヒゲが長いと高い価格からの押し戻しが
強いと判断されたり、実体部分より下ヒゲが長いと低い価格からの戻しが
強いと判断していきます。もちろん例外もあるので必ずではありません。

 

と、ここまでは本やサイトでも紹介されていることですので
次から実践的なローソク足の使い方になります。

 

トレンドの種類によって読み取り方が変わる

トレンド(この記事ではある一定の時間軸で見た場合のみで話を進める)は
安値と高値が切り上がるアップトレンド(上昇トレンド)
高値と安値が切り下がるダウントレンド(下降トレンド)があります。

ローソク足の高値と安値を混同しやすいですが
2つ以上のローソク足のつながりをもっと小さな時間軸で見れば同じです。

これがいわゆるトレンドというものです。

ここで頭を切り替えて、
トレンドを作っている1つ1つのローソク足に注目していきましょう。

 

隠された高値、安値付近の攻防を見抜く

アップトレンド     ダウントレンド

 

上記のチャート図を見ると陽線と陰線が並んでいることが分かります。
アップトレンドでは陽線が多くなり、ダウントレンドになると陰線が多くなります。

ここにチャートの裏に潜むポジション量の変化による価格変動の秘密があります。

アップトレンドの場合は高値を更新し続けること。
ダウントレンドの場合は安値を更新し続けること。

アップトレンドは当たり前ですが、
価格が高くなっていくためには高値を更新していきます。

このとき1つ前のローソク足の高値付近では、

【新規の買い注文】
上昇を見越して買っていく人と資金量(ポジション)

【利益確定の売り注文】
利益を確定するために売っていく人と資金量(ポジション)

【新規の売り注文】
下落させたり、すると仮定した売っていく人と資金量(ポジション)

【新規の売り注文のストップ注文(損切り)】
損失を確定(限定)するために反対売買する人と資金量(ポジション)

この4つが重なりポジションがぶつかって売買が成立して
新規の買いが多くなっていくと上昇し続けていきます。

しかしこの流れも長くは続かないで
利益確定などの反対売買に押されると下落してきます。
これが押し目部分にあたるものです。

押し目をつけるかつけないかは状況次第です。

 

次に、反対のダウントレンドはどうかというと
価格が低くなっていくために安値を更新していきます。

このとき1つ前のローソク足の安値付近では、

【新規の売り注文】
下落を見越して売っていく人と資金量(ポジション)

【利益確定の買い注文】
利益を確定するために買っていく人と資金量(ポジション)

【新規の買い注文】
上昇させたり、すると仮定した買っていく人と資金量(ポジション)

【新規の買い注文のストップ注文(損切り)】
損失を確定(限定)するために反対売買する人と資金量(ポジション)

この4つが重なりポジションがぶつかって売買が成立し
新規の売りが多くなっていくと下落し続けていきます。

しかしこの流れも長くは続かないで
利益確定などの反対売買に押されると上昇してきます。
これが戻り部分にあたるものです。

戻しをつけるかつけないかは状況次第です。

ダウントレンドではパニックが起き、下落が続きやすいです。
下落が収まりそうにみえて上昇しても急落することが多いので注意が必要です。

 

まとめ

これらが複雑に絡み合って通貨ペアの価格は動いていくのですが
ローソク足だけではどこにどのくらいのポジション量があるかは分かりません。

国内FX会社デューカスコピー・ジャパンでは、どのプライスにどのくらいのポジション量が
あるかという板情報が取引ツールのJForexにあります。

海外ではECN取引と呼ばれるサービスが広がりを見せて、今では当然のようにあります。
これは市場参加者がフェアな環境で取引できるようにプライスとポジション量が見えるよう
になっていますが動きが早すぎるのでフェアな環境が整備されているという理解でいいです。
(本当にECNの環境であればの話です)

ただし国内ではデューカスコピー・ジャパンしかなく海外業者を使うしか
本当にフェアな環境は整備されていないのかと思ってしまいます。
(顧客資産の完全支度保全が海外ではないので、その点は日本の環境は有利)

海外のECN業者は低スプレッド+外付け手数料となっていますが
外付け手数料は確定申告で経費で落ちるので日本のトレーダーにとってもいいはずなのです。

日本ではマイナスイメージが強いのは相変わらずですが
今後はECN取引環境、外付け手数料制が増えていくはずです。
と言うより増えていかないといけない環境になってきています。

チャートのローソク足や値動きを、より透明性のある真の値動きで表せれば
よりその裏で動いていることが正確に把握することができます。
そのためにはトレーダー自身がどのFX会社を選択していくかです。

トレードで長期的な利益の積み上げを考えていくように
FX会社も目先のキャッシュバックや食品に動かされずに
長期的に安全に、トレーダーにとって誠実な対応、取引環境を提供しているところを
選んでいくようにしましょう。

 

WEB、スマホで更新情報をプッシュ通知で受け取る→

スマホへは「Push7」アプリをダウンロード後に、ROSE FXの購読ページから購読してください。

-ROSE FX流チャート読解, ローソク足
-, , , , , ,

Copyright© ROSE FX , 2018 AllRights Reserved.