限定記事

8.29 のエントリーポイントと解説

投稿日:

NY時間までは方向が掴みづらい展開でしたが
22時以降急騰する場面がありました。

個人的にはポンドドルのロングを注文していましたが
寝る前に注文を削除していたのでこの流れに乗り切れませんでした。

 

ポンドドル

ポンドドル4時間足8/29エントリーポイント

4時間足で綺麗な上の流れが出来たので上昇しやすい動き。

 

ポンドドル1時間足8/29エントリーポイント

1時間足チャート。直近高値1.29317付近で止まることも踏まえ、
強い上昇と結果的にわかる前はフィボナッチエクスパンション100%で決済が鉄則。

1.29317を越えてきて、すぐ山(トップ)を作ってくれば、その山(トップ)越えでエントリーでしたが
その後は上昇が続き1.30112付近で山(トップ)を作りました。
この山(トップ)越えを狙うのもいいですが、日本時間は深夜なので回避するべきポイント。

 

ポンドドル日足エントリーポイント

昨日の強い流れで実体の長い陽線。
1.29574を終値で越えたことで日足では下落の力を弱めることにひとまず成功。

先週書いた限定記事の流れになるかを日足では観察です。
来週初め頃には動きがしっかり出てくるかを見ていくようにします。

 

ドル円

ドル円4時間足エントリーポイント8/30

4時間足チャートでは黒矢印起点111.315より上がエントリーポイント。
直近の111.316もエントリーポイントになり越えれば上昇が強くなりやすい
絶好のポイントでした。(取れてませんがw)

 

ドル円1時間足エントリーポイント8/30

ただ1時間足で見ると直近はトレンド転換なので不安が残るポイントでもありました。
大きな流れでは111.355を越えれば上昇トレンドになり
110.936で強く意識されてからのブレイクなので上昇しやすい場面です。

ブレイク後に山(トップ)をすぐに作れば取りやすかったのですが
結果的に大きく上昇してから山(トップ)を作っています。

 

ドル円30分足エントリーポイント8/30

30分足を見ると11.316を越えた後に山(トップ)をすぐに作っているので(111.355も越えている)
ここでエントリーできればリスクが限りなく小さくなるトレードポイントです。

大きな時間軸(ここでは4時間足)で2回上昇トレンドになる機会があるとき
1つ小さな時間軸(ここでは1時間足)で上昇トレンドの流れになっていない場合は
もう一つ下の足を見るというのもありです。

ROSE FX5バートレード販売スタート!

 

WEB、スマホで更新情報をプッシュ通知で受け取る→

スマホへは「Push7」アプリをダウンロード後に、ROSE FXの購読ページから購読してください。

-限定記事
-, , , ,

Copyright© ROSE FX , 2018 AllRights Reserved.