トレード戦略(日) ドル円(USDJPY) 午後14時から 米ドル(USD)

ドル円は30分足から下落傾向の形になるかがポイント、それまでは待ちの姿勢

投稿日:

<18:45更新>

※チャート画像をクリックすれば拡大できます。
※記事・画像の無断掲載・転載を禁じます。

更新状況はTwitterで随時確認してください。

■手法レポート改訂版!■
ROSE FX×FXトレードフィナンシャル2

■トレード理論レポート(通貨強弱トレード編)■

■リアルトレード!トライオートFX グランプリ■

4時間足

6月24日 ROSE FX ドル円チャート4時間足

はらみ足から抜け出していないので、まだ様子見になります。
しかし終値ベースのレジスタンスラインで押し戻されたところをみると
下へ行くことも考えておいてよい場面です。

遅行線が強気なので下落は狙えない状況なので、下位足の動き次第で
下落した場合は下落が続くのかそうでないかを判断します。

 

30分足

6月24日 ROSE FX ドル円チャート30分足

123.752-771の重要なサポートゾーンまで下落してきましたので
ここで跳ね返されるか抜けて123.65付近まで下落していくのかに注目します。

遅行線は弱気、ストキャスティクスはダウントレンド、
下落しやすいエリアで推移しているので下落傾向にあります。

上昇できない状態から124.04付近の終値ベースのレジスタンスラインから
下落しているので123.752を終値で抜けてきたら下落しやすい状態になります。

4時間足が下落する形ではないので、123.65付近まで下落し反発してから
123.75付近まで上昇してきた後の動きに注目します。
反転して下落していくのであれば戻り売りのポイントになります。

そのまま下落が続くのであれば123.55付近までいきそうですが
ここでは反発してくる可能性が高そうです。

 

WEB、スマホで更新情報をプッシュ通知で受け取る→

スマホへは「Push7」アプリをダウンロード後に、ROSE FXの購読ページから購読してください。

-トレード戦略(日), ドル円(USDJPY), 午後14時から, 米ドル(USD)
-, , , , ,

Copyright© ROSE FX , 2018 AllRights Reserved.