トレード戦略(日) ポンドドル(GBPUSD) ポンド(GBP) 午後14時から

ポンドドルは金曜日高値更新を意識しつつも、朝の窓明けを埋める下落にも意識を払う状況

投稿日:

<13:59更新>

※チャート画像をクリックすれば拡大できます。

日足

6月16日 ROSE FX ポンドドルチャート日足

トレンド転換してから上昇が続き、上昇基調でもあるため、さらに上昇も考えられます。

ストキャスティクスのトレンドライン(オレンジ)を越えているので、上昇の力が強くなっています。
遅行線は強気になっているので、この2つを合わせると上昇しやすい環境にあります。

週足とは違い、上昇しやすい環境になっています。
そのため判断が難しいですが、山(トップ)を作っていく動きでみると
今の状態から金曜日の安値を抜けて山(トップ)をつけていくと
1.69210を抜けていく形になるので、山(トップ)には適さない形となるので
下落しやすくなり、1.6850付近まで下落の流れが続きます。

金曜日高値1.69919を越えてから山(トップ)を作っていけば
下落してきても1,69210付近で反発して、1.7040付近を目指す上昇になる
可能性が高くなります。

この動きの違いを意識していく1週間になります。

4時間足

6月16日 ROSE FX ポンドドルチャート4h.

窓を開けての上昇のため窓を埋めていく動きになるか注目していきます。

ここまで急騰している形なので、もみ合いに入ることも考えながら
上目線をメインに考えて押し目買い戦略を立てていくことになります。

1.69919-97付近はレジスタンスゾーンになっているので
なかなか越えられないかもしれません。

しかし越えてきたら1.7040付近まで上昇していくことが考えられるので
リスクを抑えながら上昇についていく戦略を立てていきます。

30分足

6月16日 ROSE FX ポンドドルチャート30min.

上昇トレンド形成中のトレンドがない状態なので、今日の現時点での高値1.69859を
越えてくれば上昇トレンドとなり、1.69919を試してくる展開になります。

遅行線は強気ですが、ストキャスティクスはMAの下でバウンドしているので
下落の力が少しずつ強くなってきている印象を感じます。

一度下落して朝の窓明け部分1.69632をターゲットにしてくるかもしれません。

1.69568を抜けたら1.6944付近まで下落してきますが
4時間足で強い上昇が出来ているし、ストキャスティクスがMAの下にないことから
少なくとも1.6939くらいまでで下落が止まり反発して、1.6938-1.6996の
レンジ相場になるかもしれません。

 

WEB、スマホで更新情報をプッシュ通知で受け取る→

スマホへは「Push7」アプリをダウンロード後に、ROSE FXの購読ページから購読してください。

-トレード戦略(日), ポンドドル(GBPUSD), ポンド(GBP), 午後14時から
-, , , , ,

Copyright© ROSE FX , 2018 AllRights Reserved.