トレード戦略(日) ポンド円(GBPJPY) ポンド(GBP) 午後14時から

ポンド円は171.601のレジスタンスを試す展開、戻り売り優勢ながらも171.72付近の上昇も想定しておくこと

投稿日:

<16:28更新>

今日は試験的に15時からドル円の更新をし、
17時までに豪ドル円、ユーロ円、ポンド円の更新をします。
21時のドル円は通常通りです。

 

4時間足

6月11日 ROSE FX ポンド円チャート4h.

4時間足で谷(ボトム)をつけてきて下落は一服しました。

次のポイントは171.601のレジスタンスラインを越えられるかですが
この付近は強いレジスタンスゾーンになっているので(30分足を見るとよくわかる)
上昇しにくい部分です。

遅行線が弱気で、上昇してもローソク足の実体にぶつかる部分のため
それも上昇を特性している原因にもなっています。

ストキャスティクスは変わらずダウントレンドなので、
戻り売り戦略で下落するタイミングを待ちます。

30分足

6月11日 ROSE FX ポンド円チャート30min.

トレンド転換して上昇トレンド形成中のトレンドがない状態です。
まだ山(トップ)を作っておらず、山(トップ)を作った後の動きを
見極めることが大事なので、まだ様子見です。

この辺りは171.601までレジスタンスゾーンになっているので
手を出さない方が分です。

上昇トレンドになるタイミングでロングを計画してもいいですが
4時間足は戻り売りを狙う場面なので、そのことを注意しておきます。

もし171.601を越えて上昇トレンドにもなった場合は171.72付近が
レジスタンスとして強く意識されるので、粘らない方が無難な部分です。

4時間足で見るとわかりますが、171.723-172.537で暫定的に引いた
フィボナッチリトレイスメントだとFIB 38.2%はヒゲが交差しているので
レジスタンスとして意識されやすくなっている理由です。

下落パターンとして、171.601でレジストされて、171.723を抜けてきたら
171.03付近をターゲットにしてきますが、トレンド転換していくため
171.12付近で一度下落が収まり171.223のサポートラインから変化した
レジスタンスを試してくるかもしれません。

ROSE FX5バートレード販売スタート!

 

WEB、スマホで更新情報をプッシュ通知で受け取る→

スマホへは「Push7」アプリをダウンロード後に、ROSE FXの購読ページから購読してください。

-トレード戦略(日), ポンド円(GBPJPY), ポンド(GBP), 午後14時から
-, , , , ,

Copyright© ROSE FX , 2018 AllRights Reserved.