トレード戦略(日) ドル円(USDJPY) 午後14時から 米ドル(USD)

ドル円は雇用統計次第で103.58付近の上昇も視野に。悪ければ101.44付近まで下落

投稿日:

<20:55更新>

4時間足

6月6日 ROSE FX ドル円チャート4h.

谷(ボトム)をつけずに下落し続けて下落基調でしたが
18時からの足で谷(ボトム)をつけたので下落は一服しました。

遅行線は強気のままで雇用統計を迎えられます。

FIB 38.2%付近で反発しているため、値幅で計算すると
FIB 161.8%手前付近の103.58付近までが上昇時の最終ターゲットになります。

 

30分足

6月6日 ROSE FX ドル円チャート30min.

ダウントレンドからトレンド転換してきました。

遅行線は弱気で、102.447を越えられなければそのまま下落が続く位置にあります。
雇用統計がこの後に控えているために、大きな動きにはなりませんが
102.236を抜けるような動きに21時30分手前になるかもしれません。

基本的に雇用統計は傍観することが鉄則なので、
今日はこのまま何もせずに眺めるくらいで終わり、来週月曜日から
通常通りトレードしていきます。

 

<雇用統計発表〜>

6月6日 ROSE FX ドル円チャート日足

※チャート画像は日足

 

その上での雇用統計の動きを予測すると、現在の日足の上昇トレンド、
4時間足の押し目形成の状態から考えると、雇用統計の数値が良かった場合は
103.58をターゲットにすぐに上昇してきます。
場合によっては104.10付近までの上昇も考えられます。

しかし、それ以上の上昇は月足を見ると、難しいものがあるため
最高でもこの辺りまでが上昇の限界です。

雇用統計の結果が悪かった場合は、101.44付近の日足でのトレンド転換ラインまで
下落してきますが、この付近は過去に何度も重要ラインとなったところなので
この辺りでサポートしてこようと考えるのが妥当です。

101.427を抜けてしまうとトレンド転換になるため、
来週月曜日以降は下目線で見ていくことになります。

 

WEB、スマホで更新情報をプッシュ通知で受け取る→

スマホへは「Push7」アプリをダウンロード後に、ROSE FXの購読ページから購読してください。

-トレード戦略(日), ドル円(USDJPY), 午後14時から, 米ドル(USD)
-, , , , ,

Copyright© ROSE FX , 2018 AllRights Reserved.