トレード戦略(日) ユーロドル(EURUSD) ユーロ(EUR) 午後14時から

ユーロドルは4時間足ストキャスティクスのバウンドが上昇継続の証拠に?!

投稿日:

今夜もメルマガで先行配信する記事があるので
この機会に登録よろしくお願いします!

今日のタイトルは「ストキャスティクスとマルチタイムフレーム(MTF)の相関関係」
なぜストキャスティクス(他のオシレーターでもかまいません)を使うのか。
まずは概念的なことを書いています。

※メルマガに登録するとブログの更新通知が平日は8通、週末は4通ずつ届きます。

 

日足

4月23日 ROSE FX ユーロドルチャート日足

1つ前の足の高値と安値を切り下げているので下落傾向です。

今日の動きによって方向性が変わる可能性があるので重要な1日になります。

遅行線が明日は実体部分にぶつかるために今日は上昇するか下落するかを
決める動きになりやすいです。
上昇しようにも1.38854付近に実体があるので、この価格付近で上昇を
押さえられることも考えられます。

ストキャスティクスはMAの下に潜り込んでいるので
まだ完全にMAの下で固定されていないので上昇する機会はありますが
下落するしやすい形としてはなっています。

 

4時間足

4月23日 ROSE FX ユーロドルチャート4h.

ダウントレンドが継続していますが、ストキャスティクスはMAの上で推移
しているばかりか、MAの上でバウンドしているので底を打った形に見えます。

4時間足だけでは判断できませんが、遅行線が上昇するためにスペースが
1.3830付近まで開いているために上昇してくる余地があります。

ローソク足ははらんでいますが上に抜けることができれば
強い上昇とはいえないですが、一時的な上昇はしてきます。

ただし、1.3840を越えてくるような動きにはならずに
一度1.3830付近を越えたら小規模な下落になるはずです。

 

30分足

4月23日 ROSE FX ユーロドルチャート30min.

30分足はダウントレンド形成中のトレンドがない状態です。

4時間足のストキャスティクスのトレンドに合わせるならば
押し目買い待ちに徹しますが、1.38248を越えてくるまでは
トレンド転換しないので、トレンド転換までは様子見。

ショート戦略も今の上昇している状態では何も出来ないですし
ストキャスティクスのトレンドライン(紫)を抜けてからでないと
1.38004から下の比較的安全なショート優勢状況でのショートもとれません。

全ての条件が揃ったらショートは1.37851を抜けるような下落に、
全ての条件が揃ったロングは1.3836付近までがターゲット。

ROSE FX5バートレード販売スタート!

 

WEB、スマホで更新情報をプッシュ通知で受け取る→

スマホへは「Push7」アプリをダウンロード後に、ROSE FXの購読ページから購読してください。

-トレード戦略(日), ユーロドル(EURUSD), ユーロ(EUR), 午後14時から
-, , , , ,

Copyright© ROSE FX , 2018 AllRights Reserved.