トレード戦略(週) ドル円(USDJPY) 米ドル(USD)

ドル円は方向感がなくなりもみ合いになることも想定。101.207抜けか反発かの大切な1週間。

投稿日:

週足

4月14日週 ROSE FX  ドル円チャート週足

今週は大きな下落になりました。
ほぼ大陰線なので下落の勢いが強いことを表しています。

ストキャスティクスはダウントレンド継続。
遅行線は強気ですが99.102付近までは下落してくるスペースがあるので
現在のプライスの動きが重要になっています。

トレンド転換が96.941なので、このレベルまでは距離がありすぎるので
中・長期的には上昇して105.441を越えてくるようなことも考えられますが
今の時点では必要のないことなので考えません。

 

日足

4月14日週 ROSE FX  ドル円チャート日足

急落してきた後の動きなので、展開が読みにくいです。

木曜日の安値を抜けてもさほど下落していないことから考えると
101.20-40レベルでは攻防が激しいので、それを嫌って上げてくることも
十分に考えられる場面です。

とはいえ、遅行線が弱気、ストキャスティクスがダウントレンドのことを
考えると下落余地はたっぷりあるので、あっという間に下落することも
シナリオとして高い確率で考えられます。

遅行線の動きと過去のローソク足を比べると、
来週の金曜日まで、もみ合いになれば、3月14日のローソク足を
上の抜けられるチャンスがくるために、反転上昇する可能性もあることを想定しておきます。

さらには木曜日はもみ合いになった場合、下に抜けさせられる動きになりやすいため
もみ合い時には注意しておきます。

下抜けて101.207を抜けた場合は100.754がターゲットになり、
その下は100.435になります。

 

4時間足

4月14日週 ROSE FX  ドル円チャート4時間足

昨日のチャート図でトレンド転換の場所は101.873ではなく、101.974の間違いでした。

遅行線が弱気で下落しやすい環境です。
ストキャスティクスは上昇トレンドになっていますので、上昇しやすくなっています。

また、ローソク足の価格面では、トレンドライン(水色)で安値が切り上がっていますので
101.873を越える場面がありそうです。
しかし 101.974を越えるまではトレンド転換ではないので慌てずに対処していきます。

トレンド転換した場合は、トレンドライン(紫)で跳ね返るか、102.160をターゲットに
上昇後、一度下落して再度高値を超えてくる方でトレンドライン(青)をターゲットに
してくる動きを想定します。

ROSE FX5バートレード販売スタート!

 

WEB、スマホで更新情報をプッシュ通知で受け取る→

スマホへは「Push7」アプリをダウンロード後に、ROSE FXの購読ページから購読してください。

-トレード戦略(週), ドル円(USDJPY), 米ドル(USD)
-, , , , ,

Copyright© ROSE FX , 2018 AllRights Reserved.