トレード戦略(週) ポンド円(GBPJPY) ポンド(GBP)

ポンド円上昇と下落の分かれ道。下落するならかなりの売り圧力必要。

投稿日:

【お知らせ】

アンケートでいただいた内容をもとに、ブログデザインを随時改良しています。
全て完了次第、別記事で追加・変更内容を記事にしてアップします。

3月31日までアンケートを受け付けていますので、ご協力よろしくお願いします!
ROSE FX ブログアンケート 第1回 2014年3月

 

ポンド円 0331week

週足

方向感なくレンジ相場に近い形になっています。
トレンドライン(茶)の173.586付近がレジスタンスとなり
ここを越えるまでは上昇しにくいです。

遅行線はまだ上昇継続を示している強気のままなので
時間の経過とともに上昇してくるかがポイントです。

しかし、ストキャスティクスはMAの下で推移しているので
次の上昇でも上昇できなければトレンドライン(パープル)を
抜けてくるような下落になります。

 

日足

安値から反発した先週の動きですが、一度オレンジでマークした安値を
下回っていますので、上昇基調ではなく、下落からの戻りと判断します。

ちょうどフィボナッチリトレイスメント61.8%まで戻っていますので
セオリー通りだと、ここから反転して下落になりますので
そうなるかどうかに注視します。

遅行線はローソク足を越えてくるかがポイントですが171.74を
越えてこないと反転しやすい状況です。

ストキャスティクスはMAを越えてきたため上昇トレンドですが
トレンドライン(青)を越えてこないと上昇の合図にはならないので
様子見して待つべきです。

 

4時間足

チャネルライン(茶)上限を越えて急騰しているので
このままチャネルラインの幅の2倍分上昇するような雰囲気も出ています。

上記に書いた61.8%も気になりますが、このまま上昇が続くようだと
もう1本トレンドラインを引く場面がないと下落できません。
展開としては、この後に急落、もしくは下落が続いて、トレンドライン(赤)を
抜けてくる。

上昇が続いてからダブルトップをつけて下落してくるかになります。
上昇を探るには30分足くらいで細かくみていくことが大事なので
デイトレードの場合は30分足で日々の戦略を参考にしてください。

ROSE FX5バートレード販売スタート!

 

WEB、スマホで更新情報をプッシュ通知で受け取る→

スマホへは「Push7」アプリをダウンロード後に、ROSE FXの購読ページから購読してください。

-トレード戦略(週), ポンド円(GBPJPY), ポンド(GBP)
-, , , , , ,

Copyright© ROSE FX , 2018 AllRights Reserved.