トレード戦略(週) ユーロドル(EURUSD) ユーロ(EUR)

上昇しにくいユーロドル。レンジ相場か下落の可能性を考慮する場面

更新日:

EURUSD 0317week

週足

上昇を続けて陽線で終わりました。
上ヒゲも下ヒゲも出ていて実体も短いので
少し迷いが入っているように見えます。

ストキャスティクスは上昇トレンド継続中なので
買い目線は変わりません。

 

日足

上昇の雰囲気はありますが、上昇の割にストキャスティクスが
ついていってないので、反落する可能性が出てきています。
先週木曜日の上ヒゲの長さ、はらみ足の状態から
木曜日安値1.38450を抜けてくると下落してきます。

ストキャスティクスはMAの近くなので
少しでも下落で日足が終わるようだと、ダウントレンドに
変化しやすい状況です。

 

4時間足

日足の状況を踏まえると、金曜日のNY時間の高値が気になります。
これが高値まで戻りきれずの状態と解釈されれば、その後は下落しかないので
トレンドライン(茶)まで下落、抜けたら1.38237のサポートラインを
ターゲットにしてきます。このラインとトレンドライン(紫)を抜けると
下落は本格化し、フィボナッチリトレイスメント38.2%の1.37732-80を
ターゲットにしてきます。

ここで注意するのは日足のはらみ足抜けがトレンドライン(茶)を抜ける
条件と重なっていますが、1,38237を抜けなければ、レンジ相場になりやすい
ということです。この辺りを一気に抜ければ問題ないですが、思惑が入りやすい
ポイントなので注意しておきます。

今週はトレンド転換かレンジ相場の分岐点となる可能性が高いので
余裕をもったトレードをしていくほうが無難な週です。

ROSE FX5バートレード販売スタート!

 

WEB、スマホで更新情報をプッシュ通知で受け取る→

スマホへは「Push7」アプリをダウンロード後に、ROSE FXの購読ページから購読してください。

-トレード戦略(週), ユーロドル(EURUSD), ユーロ(EUR)
-, , , , , ,

Copyright© ROSE FX , 2018 AllRights Reserved.