トレード戦略(週) ドル円(USDJPY) 米ドル(USD)

週足の包み足が上昇の合図か。下落への懸念は残しつつも上昇トレンドは継続中。

更新日:

USDJPY 0224week

週足

窓明けスタートから上下に触れる展開でしたが
逆にそれが包み足を作ることになり週足だけで見ると
ローソク足のトレンドは上昇しやすい環境にあります。

しかしストキャスティクスはダウントレンド継続中なので
まだ週足単位でのロング戦略には程遠いので待つことになります。

日足

トレンドライン(ピンク)で3回目の反発をして上昇してきました。
しかしトレンドライン(パープル)を終値で超えてこれずに反落。

この部分は下落を始めた104.84~100.757の
フィボナッチリトレイスメント50%にあたる部分なので
ここを超えてくるにはそうとうな強い上昇圧力がないと厳しいです。

ストキャスティクスは上昇トレンド継続なので
ストキャスティクスのトレンドライン(青)を抜けるまでは
買い目線でいきますが、抜けてきた場合はショートではなく様子見になります。

 

4時間足

4時間足は押し目を狙う戦略になります。
今のところは短期的なトレンドライン(赤)でサポートされていれば
先週の終わりから続く強い上昇の力は途切れないので
このまま高値を越えてくる展開になるかもしれません。

越えてきた場合はFIB61.8%(緑)とFIB138.2%(パープル)が重なる
103.25~30あたりがターゲットになります。
これより上に行くかは22日時点では分かりませんが
103.50付近は最初に警戒しておくべきポイント、次は103.86~90がポイントです。

しかし、このトレンドライン(赤)を抜けると調整も入りやすくなるために
102.40~102.40までがターゲットになりやすくなります。
このあたりはフィボナッチリトレイスメント(FIB)のポイントがあるので
売買交錯があるので不安定な動きになると思います。

もし抜けた場合はFIB61.8%をターゲットにしてきます。
これを抜けて場合は101.95あたりのサポートがターゲットです。

これを抜けた場合は売りが強くなっているので
トレンドライン(青)まで下落します。

このトレンドライン(青)を抜けて場合は大きく見たトレンドラインが
終了する合図なのでトレンドライン(オレンジ)をターゲットにしつつ
抜けた場合も想定して100.757を視野にいれておきましょう。

 

ROSE FX5バートレード販売スタート!

 

WEB、スマホで更新情報をプッシュ通知で受け取る→

スマホへは「Push7」アプリをダウンロード後に、ROSE FXの購読ページから購読してください。

-トレード戦略(週), ドル円(USDJPY), 米ドル(USD)
-, , , , ,

Copyright© ROSE FX , 2018 AllRights Reserved.